タグ別アーカイブ: オープンソース

CoreOS、Google Ventures等から1200万ドルを調達―Docker管理ツールKubernetesをエンタープライズへ | TechCrunch Japan

CoreOSはDockerに特化したLinuxディストリビューションで、主なターゲットは大規模なサーバー群だ。同社は今日(米国時間4/6)、 Google Venturesがリードし、Kleiner Perkins Caufield & Byers、Fuel Capital、Accel Partnersが参加したラウンドで1200万ドルの資金を調達したことを発表した。これでCoreOSの調達資金総額は2000万ドルになる。

これと同時にCoreOSはTectonicをローンチした。これはCoreOSにGoogleのオープンソースのコンテナ管理と統合運用のツールKubernetesを加えた商用ディストリビューションだ。

〔KubernetesはMicrosoft、IBMなどもサポートし、昨年Azureにも組み込んでいる。〕これによりCoreOSはエンタープライズ版Kubernetesをフルサポートした初のOSとなる。この新しいディストリビューションは現在、限定ベータテスト中だが、大企業がコンテナ・ベースの分散インフラに移行するのを容易にすることを目的としている。

CoreOSのCEO、Alex Polviはプレスリリースで「われわれがCoreOSをスタートさせたのはGoogleのインフラを万人に提供したかったからだ。今日発表したTectonicによってそれが実現した。世界中のエンタープライズはGoogleのインフラと本質的に同等の安全、確実な分散コンテナ・インフラを構築し、運用することができるようになる」と述べた。

GoogleのKubernetesのプロダクト責任者、Craig McLuckieは「Googleの顧客はCoreOSを利用すればインフラの構築にあたって、特定のプロバイダにロックインされることなく、相対的なメリットの比較によって自由にクラウド・プロバイダを選択することができるようになる」と述べた。

GoogleはCompute Engineサービスで、CoreOSを1年前からサポートしている。Googleは最近、クラウド・プラットフォームにおけるコンテナの利用に力を入れており、CoreOSとの提携(および同社への投資)は、AmazonやMicrosoftと競争して進取的な大企業をGoogleクラウドに惹きつけるために大いに理にかなった戦略というべきだろう。

引用元: CoreOS、Google Ventures等から1200万ドルを調達―Docker管理ツールKubernetesをエンタープライズへ | TechCrunch Japan.

私はこうしてパテント・トロル(特許ゴロ)を撃退した―みんな立ち上がれ! – TechCrunch

それで必ず勝てるという保証はできないが、「いいなりに和解金を払うつもりはない」という強いメッセージを伝えることはできる。それがトロルどもにとっては痛いのだ。他のトロルにもあなたが従順な被害者ではいないということを伝えることができる。

情報の公開

パテント・トロルやその後押しをする法律事務所にとって、自分たちの存在や活動が公けにされるぐらい嫌なことはない。だまって金を払ってくれることを望んでいる。われわれはAGIS Inc.とKenyon and Kenyon LLP法律事務所の弁護士、Mark Hannemann、Thomas Makinが陰に隠れることを許さなかった。訴訟の継続中、われわれは有力メディアや業界で影響力のある人々に向けてトロルどもの役割を公表した。

情報と資源の共有

AGISに襲われている他の会社を助けるためにわれわれはAGISの主張を無効にするためにわれわれが収集した情報を公開し、いわば訴訟をオープンソース化した。さらに調達資金が2500万ドル以下で同様の問題でAGISに訴えられている会社に対しては無料で訴訟援助を申し出た。これはAGISの主張に根拠がないことに広く注目を集めさせると同時に、われわれを訴えればトロルの他の訴訟にも悪影響が及ぶことを知らせるのが目的だった。

腹を据えてやり通す

これは正と邪の戦いだ。それだからやりがいがある。正義のために戦っているのだということをしっかり腹に据えておかねばならない。いささかおもはゆい言い方のような気がするかもしれないが、状況が苦しくなってきたときにこの自覚は大きな差を生む。

「訴訟は金が掛かり過ぎる、それより少額で和解した方が得だ」と勧める人もいた。しかしそれはおそろしく近視眼的な見方だ。トロルのいいなりにならず、断固として戦って撃退したという記録は他のトロルに狙われる危険性を大きく下げるのだ。

たしかにコストのかかる対処法ではあるが、われわれの強硬策が正解だった有力な証拠がある。AGISが特許権侵害の訴訟を起こした後、われわれはさらに2件の特許権侵害の通告を受けたが、AGISが壊滅的な敗北を喫したのを見ると、どちらも取り下げられた。

引用元: 私はこうしてパテント・トロル(特許ゴロ)を撃退した―みんな立ち上がれ! – TechCrunch.

アノニマスが開発。インターネットなしでデータ通信を行える無線「AirChat」 « WIRED.jp

ネットから人々を遮断したり、デモの最中に携帯電話で連絡を取ることを不可能にしたりする。これはなにも、ディストピアSFのシナリオではない。電話やインターネットといった情報通信が破壊されるケースは、エジプトやシリアだけでなくリベラルなサンフランシスコのような場所でも確認されているし、天災の際にも起こりうることだ。

しかし、こうした状況下でも、インフラや通信事業者を必要とせずに、万人の手に届く手段がある。「無線」だ。

このアイデアをもとに、LuzSecやAntisec(いずれもハッカーたちが行った作戦だ)から生まれたアノニマスのメンバーのグループが最近立ち上げたのが、「AirChat」。コンピューター間で通信を行い、データ共有に利用できる、無線を用いたネットワーキングシステムだ。

行われる通信は暗号化することができ、ユーザーはトラフィックをプロキシやTorネットワーク(オープンソースの匿名通信システム)を通過させて、匿名性を確保することもできる。要するに、情報アクティヴィストの戦争のための本格的なキット、なのだ。

現在、プロジェクトは初期段階にある。システムのテストが行われ、チャットをしたり(音声通話を含む)、画像を送信することが可能になった。それだけでなく、ごくわずかでも共有されている接続があれば、インターネットに接続してTwitterやニュースをチェックすることができた。

引用元: アノニマスが開発。インターネットなしでデータ通信を行える無線「AirChat」 « WIRED.jp.

「OpenDaylightをなぜ嫌いなんですか?」:ジュニパーはなぜ2つのオープンソースSDNコントローラを推進するのか – @IT

では、オープンソースのSDNソリューションを求めている人には、OpenDaylightのコントローラの代わりにOpen Contrailを勧めるということなのか。

こういう風に答えよう。顧客におけるSDNのユースケースは多様だ。それぞれのユースケースに対し、どれが最も効果的なコントローラなのかを考えることが重要だ。OpenDaylightのコントローラのユースケースは、私にとってはまだ完全に明確ではない。いずれかの時点で明確になってくるだろう。明確になってきたら、われわれはどのユースケースにどのコントローラが適しているかについて、もっと論理的な判断ができるようになっていくだろう。

しかしそれまでは、当社のコントローラがいくつかのユースケースを、非常に効果的な形でサポートできると考えている。1つはクラウドサービスのための仮想化データセンターであり、もう1つはレイヤ4~7のサービスチェイニングを提供するサービスプロバイダエッジだ。当社はContrailコントローラを少なくとも初期の段階ではこの2つのユースケースに対して最適化している。つまり、こうしたユースケースの顧客にはContrailを勧める。

引用元: 「OpenDaylightをなぜ嫌いなんですか?」:ジュニパーはなぜ2つのオープンソースSDNコントローラを推進するのか – @IT.

Heroku Connect登場。Heroku PostgresがSalesfoece.comのデータベースと同期。RailsやJava、PHPなどで企業向けアプリ開発 - Publickey

これまでSalesforce.com/Force.comは業務向けカスタムアプリケーションの開発を非常に高い開発効率で実現できる一方、独自の開発手法や開発言語を習得する必要がありました。一方でHerokuはRubyやPythonなどのプログラミング言語とPostgreSQLデータベースという人気のあるオープンソース関連技術による開発と運用環境を実現し、ソーシャルメディアとの連係やモバイルアプリケーションなどの開発を迅速に行えます。

この両サービスのバックエンドデータベースが自動的に同期するようになったことで、これまで蓄積したSalesforce.com/Force.comのデータを同期したHeroku Postgresに対してSQLでアクセスできるようになり、あるいはHerokuでRuby on Railsなどで開発できるようになります。業務アプリケーションをモバイル対応にするなど新規開発において、オープンソースの技術を使った開発がより容易になるといえるでしょう。

引用元: Heroku Connect登場。Heroku PostgresがSalesfoece.comのデータベースと同期。RailsやJava、PHPなどで企業向けアプリ開発 - Publickey.

OpenSSL脆弱性の再発防止へ、業界大手が重要オープンソースプロジェクトを支援 – ITmedia エンタープライズ

オープンソースのSSL/TLS暗号化ライブラリ「OpenSSL」に致命的な脆弱性が見つかったことを受け、GoogleやMicrosoft、IBMなどの業界大手が参加して、インターネットのインフラを担うオープンソースプロジェクトを資金面でバックアップする「Core Infrastructure Initiative」を発足させた。Linux Foundationが4月24日に発表した。

Core Infrastructure InitiativeにはAmazon Web Services(AWS)、Cisco、Dell、Facebook、富士通、Google、IBM、Intel、Microsoft、NetApp、Rackspace、VMwareなどの各社が参加。Linux Foundationの運営の下、支援が必要なオープンソースプロジェクトを見極めて、人材獲得やセキュリティ強化といった必要経費のための資金を提供する。

まず最初の候補となるのはOpenSSLで、人材など必要なリソースのための資金を拠出して、セキュリティ強化や外部からの検査、パッチ対応などを支援する方針。

OpenSSLは多くのWebサーバやOS、ソフトウェア、ネットワーク機器などに利用され、インターネットインフラの根幹を支える存在だ。ところがOpenSSL Software Foundation幹部によれば、寄付などを通じて得る収入は年間2000ドル程度にすぎず、フルタイムでOpenSSLの開発にかかわる担当者は1人だけだという。

「共有ソースコードの重要性はかつてなく増し、開発やメンテナンスの複雑性も増しているにもかかわらず、その重要性に見合ったサポートを受けていないプロジェクトが存在する」(Linux Foundation)。そうした実態を打開するために業界大手が協力して、OpenSSLで起きた「Heartbleed」のような事態の再発を防ぐことを目指す。

引用元: OpenSSL脆弱性の再発防止へ、業界大手が重要オープンソースプロジェクトを支援 – ITmedia エンタープライズ.

Red HatがEnterprise LinuxとPaaSプラットホームOpenShiftでDockerをサポートへ | TechCrunch Japan

Dockerの最初のリリースは約1年前だったが、またたくまに人気が拡大し、従来の仮想化技術に代わってソフトウェアコンテナを使いたいと願うデベロッパたちのツールとして広まった。商用レベルでDockerプロジェクトの面倒をみている組織が、Docker.io だ。

Red Hat Enterprise Linux 7は現在ベータで、コンテナとしてはDockerをメインにサポートしている。Dockerの側では、企業がRed Hat Enterprise LinuxとOpenShiftをベースとしてパイロット事業を作っていくためのサービス、JumpStartを発表した。このサービスは企業にDockerに関する教育訓練と、Docker Registryのインストール、そしてDockerの商用サポートを提供する。

Red HatのCTO Brian Stevensは今日の発表声明の中で次のようにのべている: “Red HatにはLinux Containersをはじめ、革新的な技術の開発と投資と育成に貢献してきた伝統があり、またオープンソースの世界に対しても長年、数多くの寄与貢献を果たしてきた。Dockerの技術は、企業のコンテナ採用を阻んでいたバリヤを取り除くものであり、その使いやすさと、アプリケーションのパッケージングとインフラストラクチャの統合ぶりは、われわれにとってきわめてエキサイティングである”。

引用元: Red HatがEnterprise LinuxとPaaSプラットホームOpenShiftでDockerをサポートへ | TechCrunch Japan.

「FC2ブログ」ソースコードがオープンソースに – ITmedia ニュース

FC2は3月19日、ブログサービス「FC2ブログ」のソースコードをMITライセンスで公開したと発表した。GitHubからダウンロードできる。

FC2ブログのテンプレートを利用したり、1つの記事に複数カテゴリーを設定したり、複数ブログを作成したりといったことが可能。独自のカテゴライズを行ったブログや情報サイトの構築などに利用できるとしている。

引用元: 「FC2ブログ」ソースコードがオープンソースに – ITmedia ニュース.

日本の自殺統計データから作られた音楽 « WIRED.jp

実験的な作品をつくるアーティストのローリー・ヴァイナーは、日本の自殺統計を使用し、それを音にマッピングして、耳から離れないようなピアノの楽曲を制作した(次ページで聴くことができる)。

12音からなるセクションは1年間の統計を表し、ひとつの音は、特定の地域(県)で該当の月に自殺した人の数を示している。日本には47の都道府県があるので、全部で500音以上になる。これらの音をオープンソースのヴィジュアル・プログラミング言語「Pure Data」や、Native Instruments社のソフトウェア、コルグのキーボードを使用してマッピングした。

キーボードには127個のMIDIノートがあり、一番低い音からピッチを上げていくと、60が「中央ハ」となる。月ごと、県ごとで見ると日本の自殺統計値は十分に低かったので、キーボードのノートに簡単に当てはめることができた。例えば、ある県のある月における自殺者数が35人の場合は35にマッピングされるので、第2オクターヴのBのノートとなる。

「これらの音符をマッピングすることにより、通常は冷たく、隔たりがあり、無味乾燥なデータが、より感情を帯びて差し迫ったものとなりうる」と、東京在住のカナダ人であるヴァイナー氏はWIRED.UKに語った。「ある意味、これは共感覚の一種だ。複数の感覚を混ぜ合わせることを可能にするもので、このケースでは思考と世界の体験を統合している。数字データは感情的な性質が取り除かれたものだが、この楽曲は、データに再びそうした性質をもたらすものだ」

引用元: 日本の自殺統計データから作られた音楽 « WIRED.jp.

結局NSAは何をしていたのかのまとめ – Future Insight

技術標準にバックドア

「Bullrun」と呼ばれる取り組みで行っていたのが、脆弱性のある乱数生成アルゴリズム「Dual_EC_DRBG」をデータ暗号化の技術標準SP800-90Aに盛り込ませたこと。「Dual_EC_DRBG」が採用された場合、その秘密鍵がNSAにとって予測可能になる。さらに「Dual_EC_DRBG」を採用するようにITベンダー、オープンソースコミュニティに働きかけていた。なお、暗号大手のRSAは「Dual_EC_DRBG」をデフォルトで使用していたが、NSAからの金銭の授与は否定しています。

引用元: 結局NSAは何をしていたのかのまとめ – Future Insight.