タグ別アーカイブ: オンプレミス

SalesforceがAppExchangeのプライベートバージョンをローンチ, 企業が自分のアプリストアを持てるようになった | TechCrunch Japan

Salesforce Identityにより、クラウドからオンプレミスのアプリケーションやクラウドベースのアプリケーションを連携できるようになる。顧客は既存のシステムから持ってきた自分のアイデンティティをSalesforce IdentityとPrivate AppExchangeで使えるようになるが、そのために何らかのソフトウェアをインストールする必要はまったくない。SaaSアイデンティティプラットホームOktaなどのサービスを利用すれば、顧客のエンタプライズアイデンティティ環境をプライベートなアプリマーケットプレースに完全に統合できる。ただし現時点でOktaそのものは、SalesforceのPrivate AppExchangeと統合していない。

引用元: SalesforceがAppExchangeのプライベートバージョンをローンチ, 企業が自分のアプリストアを持てるようになった | TechCrunch Japan.

クラウドサービス市場は2017年度に2兆円超 – DATA&DATA:ITpro Active

クラウドサービスの急成長の背景には、国内法人ユーザーの意識の変化がある。新規システム構築の際に「原則的にクラウドを利用する」と回答したユーザーは、パブリッククラウドとプライベートクラウドを合わせて35.0%に上る。「クラウドとオンプレミスのメリットを勘案して最適な方法で構築する」と回答したユーザーも含めると69.1%がクラウドの活用を検討している。

引用元: クラウドサービス市場は2017年度に2兆円超 – DATA&DATA:ITpro Active.

マルチ・クラウドを活用する組織が、大勢を占めるようになってきた | Agile Cat — in the cloud

66% の組織が、2〜5 社のクラウド·プロバイダーを操作し、79% の組織が、少なくとも 2社以上のベンダーを利用している。

33% の組織は、マルチ・クラウドサービスをまたぐ、シングル・サイン・オンを開発していない。

21% の組織は、クラウド·ベンダーと交渉せずに、そのままの SLAを受け入れている。

19% の組織は、クラウド・アプリケーションの性能が、自身のオンプレミス・アプリを上回ると発言している。

引用元: マルチ・クラウドを活用する組織が、大勢を占めるようになってきた | Agile Cat — in the cloud.