タグ別アーカイブ: エリート

エリートの強みは「根拠のない自信」 : 人類応援ブログ

つまり、「エリート」と「落ちこぼれ」の間にある知能や教育や努力の格差は、その多くが「自信」の格差に起因しているわけです。

「自信」があるからこそ、エリートたちは資格取得や語学へ積極的に取り組み、就活などでも前向きに行動できる。

一方で「自信」を喪失した「落ちこぼれ」たちは、資格取得にも、学業にも、就活にも、自分自身への不信感から前向きになれない。

本来、両者にそれほどの能力的な違いは無いはずです。現に「落ちこぼれ」の人も、小さな成功体験を積み重ねることで自分に自信を持てるようになると、すぐに「エリート」の人たち並みの学習能力を発揮します。家庭教師として指導を重ねていく中で、そんな事例は何十人と見てきました。

 

もし十分な潜在能力を持っている人たちが、「根拠のない不安」ゆえに本来の力を発揮できないのだとしたら、それは本当にもったいないことだと思います。そして、そんな例はそこら中に転がっているのです。

人生の明暗を分けるのは知能でも才能でもありません。「自信」です。自分自身をどこまで信じてあげられるか、それが全ての鍵になります。

引用元: エリートの強みは「根拠のない自信」 : 人類応援ブログ.

アメリカ海軍の特殊部隊で身に付けた7つの習慣 : ライフハッカー[日本版]

優秀なチームメンバーはトレーニングに終わりがないことを理解しています。SEALチームにとってそれは変わることのない真実であり、他のどんなエリートチームにおいてもそれは真実です。全てを知っている、と仮定して行動するメンバーはすぐに外されなくてはなりません。職場の内外に関わらず、知識やスキルをどん欲に得ていく人たちこそが、チームの前進に必要な動力を提供することができるのです。

引用元: アメリカ海軍の特殊部隊で身に付けた7つの習慣 : ライフハッカー[日本版].

オフショア・タックスヘイブン(租税回避地)に関し国際調査報道ジャーナリスト連合(ICIJ)が報告書を公開 – Market Hack

中国の政界トップの親類縁者が、共産党エリートたちの蓄えた財産をオフショアのタックスヘイブンに隠していた事がリークされた書類から判明した。

国際調査報道ジャーナリスト連合(ICIJ)が入手したファイルによると2万2千人の中国の政財界の大物たちが、タックスヘイブンを利用していたことが判明した。

プライスウォーターハウスクーパース、UBSその他の西側銀行、公認会計事務所などがその仲介者として重要な役割を果たしてきたことが同レポートで明らかになった。また英領バージン諸島(BVI)が特にポピュラーなペーパーカンパニーの設立場所であることもわかった。

同ファイルはクック諸島で創業されたポートカリス・トラストネット(Portcullis TrustNet)社のシンガポール・オフィスと英領バージン諸島に本社を置くコモンウエルス・トラスト・リミテッド(Commonwealth Trust Limited)の2社からリークされたもので、それらは全部で250万にも及ぶファイルの一部を構成している。ICIJは欧州、北米、アジア、その他の地域出身の50人におよぶジャーナリストの手を借りて、それらのファイルを手分けして調べた。

今回の公表では英領バージン諸島という豆粒ほどの島が、世界の富の隠ぺい場所としてどれほど重要な役割を果たしているかが解き明かされた。また中国がオフショア・タックスヘイブンの圧倒的な顧客であることもわかった。

中国の石油資本、代替エネルギー、鉱業など、あらゆる業種がオフショア・タックスヘイブンに関与していることも明らかになった。

引用元: オフショア・タックスヘイブン(租税回避地)に関し国際調査報道ジャーナリスト連合(ICIJ)が報告書を公開 – Market Hack.

奴隷が自殺したら困る | ブログ運営のためのブログ運営

なぜ自殺してはいけないのか、という理由はたいてい嘘が述べられている。

本当の理由は、奴隷が自殺したら困るからである。

全員が貴族とか、全員がエリートという社会はあり得ないので、底辺は必要なのである。

もちろん奴隷的労働は誰でも出来るから、かけがえのない存在とは言えないし、ある程度過労死するのも折り込み済みではあるが、そうかと言って、大量に死なれたら困るのである。

権力者が自殺を禁止するのは当然であると言える。

負けたから自殺というのでは、ゲームが成り立たない。

敗者が隷属してこそゲームなのである。

隷属の義務を怠り、自殺されるとなると、勝者の意味が無くなる。

自殺とは隷属義務の放棄に他ならず、これは禁止されなければならない。

命が大事という決まり文句にも疑問がある。

そもそも人間は寿命で死ぬことになっている。

どうせ死んで無になるということから考えると、本当に命が大事かどうかは怪しい。

自殺というのは、余命の放棄でしか無く、別に永遠の命が絶たれたわけではないのだ。

敗者は「淘汰」されると言っても、本当に死なれた困るのである。

ある程度は死んでもいいが、大量に死なれたら奴隷が枯渇する。

人類は、他人を隷属させるゲームをやっているのである。

権力者は、奴隷という財産を失わないように「自殺をするな」と厳命するのである。

もちろん死んだ人間に罪は問えないが、家族という人質がいるから、そう簡単には自殺で投了というわけにもいかない。

死ぬまで奴隷状態を続けるしかないのだ。

引用元: 奴隷が自殺したら困る | ブログ運営のためのブログ運営.

東大首席→官僚→弁護士!最強のエリート美女 | エリート美女のすべて | 東洋経済オンライン | 新世代リーダーのためのビジネスサイト

両親は共働きの医者で、「自分の生活は自分でなんとかしなさい」という雰囲気の家庭でした。子どもの頃、父が「おカネを稼ぐ方法は2つしかない。誰もやりたがらないことをするか、誰にもできないことをするか」と教えてくれたのを覚えています。父自身は「誰もやりたがらないことをする」ほど腹が据わっていないけれど、医師免許があるので食べているのだそうです。

引用元: 東大首席→官僚→弁護士!最強のエリート美女 | エリート美女のすべて | 東洋経済オンライン | 新世代リーダーのためのビジネスサイト.

SPACEBOY : あなたは5年後、間違えなく複数の会社で働くようになる

この「アグリゲーター」という本によれば、世の中の労働者は1対6対3の仕組みの中で分けることができるそうです。

一割に当てはまる「スーパーノマド」 「グローバルエリート」

この一割に当てはまる人達はどんな仕事でも一人でこなせて、どんな環境でも働けて、組織に依存しない人たちです。経済的にも能力的にも個人で完全武装しており、社会がどう変わろうともたった一人で生きていけるような人たちのことを指します。

三割に当てはまる「20世紀の生き方を維持する人たち」

この三割に属する人たちはある意味「恵まれている人たち」で、変化していく個人、変化していく社会の中にあってもわずかに残る、変わらない安定した部分で生きている人たちのことを指します。イメージとしては、小さな街にある小さな飲食店。毎日、ある時間になると、常連客がやってきて、食事をして帰っていく。それが毎日繰り返される。このような店は、変化のない環境を提供し続けることで、自分自身の生活を維持していきます。

一割と三割に属さない「変わりたい六割」

「一割」と「三割」に属さない、六割の人たちは、「独立」ではなく「自立した個人」として所属する会社組織、そして社会という器をうまく活用して生きていく人たちです。ここに当てはまる人たちは、会社に所属しながらも、自分の強みにフォーカスし、成果を出すことに集中しながら生きていく人たちです。

まず最初に「一割」の人たちが変わっていくことで、「六割」の人たちも変わっていく。そして動き出した「六割」の人たちを最大限に活かす環境を作るために、企業も変わっていく必要があるのです。

引用元: SPACEBOY : あなたは5年後、間違えなく複数の会社で働くようになる.

ゼロのつよさ ~選択肢が無い可能性~ | freshtrax | btrax スタッフブログ

よく考えてみると、現在の自分を作り上げているのは、期せずして他の選択肢が”ゼロ”の状態が大きく起因していると思われる。ある意味、それぞれの重要な局面で選択肢の無さに救われてきている。言い換えると、様々な局面で0が自分の人生に影響を与えたとも考えられる。

その他の選択肢がゼロであった分、自分にとっては残された状況で最大限突き進むしか方法が無かった。

こういうと不思議に聞こえるかもしれないが、人生においての選択肢は限りなくゼロに近い方が強くなれるのではないかと思う。なぜなら失うものが無い、もしくは無かった分、迷い無く突き進むことが出来るからだ。選択のパラドックス (Paradox of Choice) でも紹介されている通り、人間は選択肢が多いと迷いが生じ、選んだ後も選ばなかった選択肢の方が良かったのではないかと思ってしまう。逆に他の選択肢がない場合は自分に残された状況の中で最大限の結果を生み出そうとする。

一方で、恐らく日本の教育や社会ではとかく選択肢を増やす事が美徳とされる。偏差値や学歴、職歴やキャリア、ビジネスにおける資金面など、多くの側面でなるべく多くの選択肢を手に入れた方が強いと考えられているだろう。しかし、ふと考えてみてほしい。自分と同じ選択肢を選んだ人々の中で、それ以外の選択肢が無い人にはなかなか勝てないという事を。なぜなら彼らには”それ”しか突き進む道が無いからだ。

また、選択肢が多い場合は、なるべく安全で楽な方法を選び、自分が本当にやりたい道を選ばない理由にもなってしまう。そういう意味で考えると、いわゆるエリートと言われる選択肢が豊富な人々は意外と不利なのかも知れない。やはりここでも、自分は”これしかできない、やらない、やりたくない”事柄をみつけた者の方が強い気がする。なぜなら彼らにはそれ”しか”無いからだ。ゼロの強さを手にした者にはかなわない理由がここにある。Steve Jobsや本田宗一郎など、歴史的に名を残す偉大な起業家たちも恐らくゼロのつよさを日々体感していたのではないかと想像出来る。

もし自分が強烈に進みたい方向が見つかったのであればその他の選択肢をゼロにしてしまうのも悪く無いだろう。全てを失ってみても、必ずそこにはゼロの強さが残る。

ゼロのつよさ ~選択肢が無い可能性~ | freshtrax | btrax スタッフブログ.

若い頃からチヤホヤされておいたほうが後で役に立つ – UEI shi3zの日記

結局、何かしらの才能を持った人間は。常に周囲の賞賛と嫉妬の声に晒されて生きる覚悟を持たなければならないのだ。

だから僕は若い才能は若いうちにチヤホヤされておく方がいいと思う。それはいい訓練になる。

チヤホヤされるような才能や、幸運の持ち主ならば、若いうちに存分にチヤホヤされて、調子に乗った言動をして叩かれるようなループを早めに経験しておいたほうが、その後の人生では大いに役立つ。

たいていのダメな大人というのは、例えば超エリートであっても、若い頃にチヤホヤされた経験がないがためについポロっと調子に乗ったことを公の場でほざいてしまい、失言だなんだと糾弾される。これは、チヤホヤされた経験が少ない人にありがちなミスだ。

若い才能をダシにしてなにしようという大人は、どうせそのうち飽きる。つまり棄てられる日は必ず来る。

本当に才能がある人間ならば、その大人をも利用して、自分をさらに大きく成長させることができるだろうし、それができなかったとしたら、その人間はもともとその程度の人間なのだ。

日本は出る杭が打たれる国だとみんなは思っているけれども、実は違う。

桃太郎や金太郎が出てくるのを本当は心の中で期待しているのだ。

出る杭を上から打つのではなく、下から脚を引っ張ろうとする人間や、僻んで罵詈雑言を投げつける人間は大勢居る。けれども、少しでも光るものがあれば、周囲の人間は放っておかない。

引用元: 若い頃からチヤホヤされておいたほうが後で役に立つ – UEI shi3zの日記.

ファーストクラスに乗る人が機上で読む本リスト (プレジデント) – Yahoo!ニュース BUSINESS

おもしろいことに、アップグレードでビジネスクラスからファーストクラスに搭乗したりする“非常連”の方々に共通するのは、機内で「読書をしない」こと。ファーストクラスのサービスを満喫されるのに夢中で、読書をする余裕がないのかもしれません。

「ゲーム」をしたり、「映画」を鑑賞し尽くされたり、またファーストクラスに搭載している「ワイン」を片っ端から堪能されたりと、明らかに常連の方々とは違う行動が目立ったのです。

常連のビジネスエリートの方々は、機内での時間はオフタイムに切り替えていますが、ゲームやアルコール過多でオフの時間を無駄にすることはありません。彼らのオフタイムは、知識や情報をインプットし、脳にストックする貴重な時間であり、それが「読書」につながっているのだと思います。

機内で読む本としてビジネス書があまり好まれないのは、仕事に直結する直接的なものよりも、伝記や小説をメンター(良き指導者)として、効果的なヒントを求めているからなのかもしれませんね。

引用元: ファーストクラスに乗る人が機上で読む本リスト (プレジデント) – Yahoo!ニュース BUSINESS.

「女性役員を増やさないと日本は滅びる?!」:日経ビジネスオンライン

欧米のような「一生ヒラ社員コース」を作れば、問題はかなり解決します。あちらでは、一生働いてもヒラ社員という人が6割以上を占め、エリートはごく一部。欧米では皆、ワークライフバランスが取れていると日本では誤解されていますが、エリート層は死ぬほど働いていて「眠らない人たち」と言われています。一方、ヒラ社員は残業がほとんどなくて、ワークライフバランスが無理なく保てる。どうせ出世できないから、男性だって育児休暇を取ったほうが得だから、しっかり取ります。女性も育休を取り、戻ってきても残業なしだから両立しやすい。周りは皆ずっと平社員だから、育休を取っても後れをとるという焦りもない。

引用元: 「女性役員を増やさないと日本は滅びる?!」:日経ビジネスオンライン.