タグ別アーカイブ: エアバス

スカイマーク、違約金200億円で大筋合意 エアバスと:朝日新聞デジタル

世界最大の旅客機「A380」の購入契約をめぐり、国内航空3位のスカイマークが製造元のエアバスから違約金を求められていた問題で、両社が違約金を200億円規模にすることで大筋で合意した。10月中の最終合意をめざす。スカイマークは倒産や身売りといった事態はまぬがれるが、年間売上高の4分の1の資金を失うダメージは大きい。

■転売にメド、減額容認 エアバス

関係者によると、9月末に西久保慎一社長が渡仏して、エアバス幹部と協議した。エアバスは当初700億円規模の違約金を求める構えだったが、「スカイマークの経営に影響を与えない金額にする」として、前払い金としてすでに受け取った約230億円の範囲に収める考えを示したという。造りかけの2機はエアバスが他の航空会社に売る見通しがたち、態度を軟化させた。

違約金の額は200億~230億円を軸に最終調整している。スカイマークは2014年9月中間決算で特別損失を計上する方針。違約金を支払うため新たにお金を調達する必要はなくなり、当面は経営を続けられる見通しだ。

引用元: スカイマーク、違約金200億円で大筋合意 エアバスと:朝日新聞デジタル.

CNN.co.jp : エアバス、サドル型座席の特許を出願 定員増狙い

欧州の航空機メーカー、エアバスは、旅客機の座席列の間隔を狭めて乗客が浅く腰掛ける形で着席するサドル型座席の特許を出願した。特許は先月出願され、このほど一般に公開された。サドル型座席は折りたたみ式の座席が狭い間隔で並び、乗客は背もたれに寄りかかるのではなく、浅く腰掛ける形で着席する。こうした座席を導入すれば、航空会社が旅客機の定員を増やし、航空運賃を引き下げることが可能になる。エアバスの特許では、現在の形態の座席は乗客にとって限界に達しているが、サドル式の座席に切り替えれば定員を増やすことができ、これまでの3席分のスペースに4席を配置できると説明している。ただし評判は上々とは言えず、英デイリーテレグラフ紙は「世界一不快な航空機の座席」と酷評した。エアバスの広報は、特許の出願がすぐにも実現に結び付くとは限らないと強調し、「実現しなかった特許は多数あり、これが実現するという見通しはない。目的はアイデアを保持することにあり、この段階から進展はしていない」とした。たとえ実現したとしても、座席の構成や種類の選択は各航空会社に任されると話している。

引用元: CNN.co.jp : エアバス、サドル型座席の特許を出願 定員増狙い.

航空機リースのエアリースが好決算  – Market Hack

エアリースのCEOであるスティーブン・ウドヴァ・ヘイジーは1973年にILFCを立ち上げ、そもそも航空機リースという概念を確立した人でもあります。その関係で、業界のウラのウラまで知り尽くしています。

エアリースはボーイングやエアバスの上得意の顧客であり、メーカーから直接、旅客機を購入します。

他のリース会社は先ず商売相手の航空会社がメーカーから新品の飛行機を買い、それをリース会社に売却してから、そのリース会社から自分が購入した新品の飛行機をリースする……そういうやり方の商売をします。これだと顧客は固定しており、リース会社は単にバランスシートを航空会社に貸しているに過ぎないのです。

エアリースの場合、先ず自分で旅客機を購入してから、それを誰に貸すかを決めます。これだと一番有利な相手に旅客機を貸し出せるわけです。言い直せばリース会社が顧客を選ぶのであって、航空会社がリース会社を選ぶのではないということです。

2013年末の時点でエアリースは193機の旅客機を保有しています。機体の平均年齢は3.7年と極めて若いです。

一方、327機の旅客機を既にメーカーに対して発注しており、納品は2023年までスケジュールが詰まっています。こうして納品された新品の旅客機を、どんどん世界の航空会社に貸し出してゆくのがエアリースの仕事なのです。

引用元: 航空機リースのエアリースが好決算  – Market Hack.

機内でスマホ、常時OKに 今夏解禁、通話禁止は継続:朝日新聞デジタル

国土交通省は今夏をめどに、飛行機内でスマートフォンやタブレット端末などの電子機器を常時使えるよう規制を緩和する。これまでは離着陸時の使用を制限してきたが、乗客のニーズが高まる中、欧州と米国の航空当局が安全性を確認したことから、欧米にならって解禁する。

常時使用が認められるのは、機内モードに設定したスマートフォンやタブレット端末、携帯ゲーム機、デジタルカメラなど。従来は「発する電波が計器に悪影響を及ぼす恐れがある」として、慎重な操縦が求められる離着陸時は電源を切る必要があった。強い電波を発する通常モードでの使用や通話、携帯電話の通話は、安全性が確認できないため引き続き禁止する。

米連邦航空局(FAA)が昨年10月、電波の影響を防ぐ基準を満たした機種について常時使用を解禁し、欧州航空安全局(EASA)も検討中だ。日本の大手航空会社のジェット旅客機は大半が米ボーイングか欧州エアバス製で、この基準を満たしているという。日本でも、各航空会社がこれらの実機で安全性をテストするのを条件に、常時使用を解禁する。

引用元: 機内でスマホ、常時OKに 今夏解禁、通話禁止は継続:朝日新聞デジタル.

CAのミニスカが物議、「下品」「保安に支障」 スカイマーク  – MSN産経ニュース

スカイマークが導入するエアバスA330で、客室乗務員(CA)が着る新しい制服のミニスカートが物議を醸している。

昨年12月にフランス・トゥールーズのエアバス社工場で一部メディアに発表したところ、「レトロな雰囲気で魅力的」「乗ってみたい」などと注目を集める一方、「露骨なセクシー路線で下品」「CAの保安業務に支障が出る」といった批判が出た。

航空法に乗務員の服装に関する規定はなく、国交省は「保安業務に支障がないか、迷惑行為があった場合は毅然と対応できるか、今後の定期監査などで確認したい」とした。

スカイマークの西久保慎一社長は「若々しさや元気さを出したかった。無理に着せることはなく、希望するCAを選んでいる」と話した。

引用元: CAのミニスカが物議、「下品」「保安に支障」 スカイマーク  – MSN産経ニュース.

「ダブル居眠り操縦」、パイロットの約3割が経験 英調査結果 国際ニュース : AFPBB News

英国航空操縦士協会(British Airline Pilots’ Association、BALPA)の調査で、英国のパイロットの56%が操縦中に居眠りをした経験があり、29%は「目が覚めたら副操縦士も眠っていた」と答えていたことが分かった。

調査はBALPAから委託された調査会社ComResが英国のパイロット500人を対象に実施。「過去6か月の間に、疲労が操縦に支障を来していると思ったことが少なくとも月に1度はあった」と答えた人は全体の43%、「飛行の安全性に対する最大の脅威は疲労」だと回答したのは49%、「企業文化として疲労を報告できない雰囲気がある」と答えたのは約30%に上った。

英国ではある航空会社のエアバス(Airbus)A330型機の機長と副操縦士が8月13日、自動操縦で飛行中にそろって居眠りしていたという不祥事が発覚したばかり。どの航空会社かは明らかにされておらず、国内メディアはヴァージンアトランティック航空(Virgin Atlantic Airways)だと報じているが、同社は「そのような報告は受けていない」としている。

民間航空局(Civil Aviation Authority、CAA)によると、居眠りをしていたパイロットの1人は「機長と副操縦士の2人ともフライトの前日と前々日の睡眠時間は5時間しかなかった」と話しているという。

欧州議会(European Parliament)はパイロットなど航空会社従業員の労働時間の上限に関する規制の改正案を30日に採決する予定だ。しかしBALPAはこの改正によってパイロットが22時間にわたって眠らずにいることを要求される恐れがあり、危険だと主張している。

引用元: 「ダブル居眠り操縦」、パイロットの約3割が経験 英調査結果 国際ニュース : AFPBB News.