タグ別アーカイブ: ウォール街

米GE、ものづくりに回帰 金融は撤退、新技術に活路:朝日新聞デジタル

米ゼネラル・エレクトリック(GE)が経営戦略を大転換している。もうけは大きいが振れも大きい金融事業からは事実上撤退し、原点の「ものづくり」への回帰を加速する。注力し始めたのは、もともと得意な製造業に、新たなデジタル技術を融合したビジネスだ。

「すばらしい経営判断だ」。GEに対し、最近は辛口が目立ったウォール街のアナリストたちがそろって称賛した。

GEは今春、大胆な「脱金融」のプランを示した。世界中に保有する総額2千億ドル(約25兆円)の金融関連資産を、今後2年間で一気に売却。2014年に全体の営業利益で金融事業の比率は4割以上だったが、18年までに1割以下に減らすと数値目標も公表した。

かわりに航空機エンジンやタービンに注力し、製造業回帰を鮮明にした。ジェフ・イメルト最高経営責任者(CEO)は「競争優位性がある領域に力を集結する。もっとシンプルな製造業をめざす」と語る。

金融事業は03年に全社の営業利益の56%に達した。好景気の時期はよかったが、08年のリーマン・ショック後に状況は一変。一時は資金繰りにも困り、09年に70年ぶりの減配に追い込まれ、最上級の格付けも失い、足かせになってきた。

「脱金融」の背景には、世界的な金融規制の強化もある。金融子会社GEキャピタルは、資産規模でみると米国7位の巨大金融機関だ。金融危機の再発を防ぎたい金融監督当局からは13年に「金融システムを安定させる上で重要な金融機関(SIFI)」に認定され、国際基準よりも高い自己資本比率の確保が求められることが予想された。規制に対応するコストもかさみ、株主の不満も増えた。

引用元: 米GE、ものづくりに回帰 金融は撤退、新技術に活路:朝日新聞デジタル.

営利大学連鎖倒産時代が迫るアメリカ 略奪的(predatory)経営姿勢にオバマ政権がNO 卒業率31.5%、平均負債額408万円の惨状 – Market Hack

こうした状況を見て、「営利大学は詐欺(scam)であり、連邦奨学金制度を悪用することを目的として設立されており、経営者が株式公開益を得て、後のデフォルト負担はすべて納税者に押し付けるとんでもない奴らだ」という批判が出ました。

米国教育省(U.S. Department of Education)は有利な就職を確保する原則(Gainful Employment Rule)と呼ばれるルールを作り、卒業生に多額の学資ローンを背負込ませる学校には連邦奨学金を支給しない考えを打ち出しました。

同様の試みは2012年にもなされたのですが、その時は連邦裁判所が違憲の判断を下し、却下されています。

連邦奨学金制度改革法案が出された場合、それが議会を通過し、成立する可能性は低いです。その間、連邦奨学金制度が悪用され、悪意ある営利大学の経営者が無知でウブな学生にどんどん借金を背負込ませ、そのツケが政府に回ってくることを防ぐため、オバマ政権は「いつ連邦奨学金制度をストップするか、わからないぞ!」というプレッシャーをかけることで株式市場の投資家を脅す戦法に出ているわけです。

もともと学生には先立つものが無いわけですから、連邦奨学金がストップされれば、営利大学の売上高が瞬間蒸発することを意味します。

ショート筋は、営利大学の立場の弱さとオバマ政権の「放置プレイ」戦略を嗅ぎ付け、営利大学の株を空売りしているわけです。

学生を食い物にしている略奪的営利大学が、逆にウォール街のヘッジファンドたちの餌食になっているという、実にポエムな天誅が下っているというわけ。

引用元: 営利大学連鎖倒産時代が迫るアメリカ 略奪的(predatory)経営姿勢にオバマ政権がNO 卒業率31.5%、平均負債額408万円の惨状 – Market Hack.

週90時間労働はもうごめん、ウォール街去る若手バンカー増加 – Bloomberg

ウォール街の最も優秀で才能ある若手バンカーの一部は、高い報酬と名声が得られる大手金融機関の仕事から身を引き始めており、そのうちの多くが自分の会社を起業している。こうした傾向に関する正確な統計はないが、米国勢調査局のデータでは、ニューヨーク都市圏の25歳から34歳の金融・保険分野の就労者数は2013年4-6月(第2四半期)時点で10万9187人と、07年第2四半期から19%減少した。富と名声の代償私生活をあきらめることは長年、投資銀行で得られる富と名声の妥当な代償だと考えられてきた。大卒や経営学修士(MBA)取得者が年間10万ドル(約1020万円)から30万ドルの報酬を得られる2年間の銀行研修プログラムは誰もが参加したいと望んでおり、競争はなお激しい。ただ、こうしたトレードオフ(交換条件)に若者が疑問を抱く状況は驚きではないと専門投資銀行ロスチャイルドでアナリストを2年間務めた経験を持つパトリック・カーティス氏は指摘する。就職助言やネットワーキング関連のウェブサイト、ウォールストリートオアシス・ドット・コムを運営するカーティス氏(34)は「報酬には当然見合わない仕事だ。平均週90時間の労働、本当にひどい時は週120時間働く。割に合うかと聞かれれば、答%2

引用元: 週90時間労働はもうごめん、ウォール街去る若手バンカー増加 – Bloomberg.

世界初、仮想通貨で授業料を払える大学 « WIRED.jp

キプロス共和国(東地中海上にある島)の私立大学であるニコシア大学が、デジタル通貨「ビットコイン」(Bitcoin)で授業料や手数料を支払うことのできる初めての大学になると発表した。

これは、約5,000人が学ぶ同大学が、来春始まる予定の「デジタル通貨修士プログラム」の周知を狙ったもの。このプログラムは、行政官から起業家までを対象に作られている。

世界初の「デジタル通貨学修士」が得られるこのプログラムでは、ビットコインなどのシステムの技術的基盤に加えて、そうしたシステムが社会にもたらす進化と変化もカヴァーする。ニコシア大学の最高財務責任者であるクリストス・ブラホスはプレスリリースで、「デジタル通貨は必然的な技術開発であり、重大なイノヴェイションにつながるものだ」と述べている。

ニコシア大学の授業は英語で教えられている。プログラムの最初のコースである「デジタル通貨入門」(Introduction to Digital Currency)は、オンライン登録で無料で利用できるという。

ビットコインの大学への進出は、デジタル暗号マニアたちの間から生まれたこの通貨の、メインストリームでの受け入れが拡大していることを裏付けるものだ。ビットコインの価値が過去1年間おおむね上がり続けていることで、このような受け入れのハードルは明らかに下がっている。7月に1ビットコインが100ドルだったのが、最近では600ドル以上に高騰している。

学生がビットコインで支払った場合、ニコシア大学は、(ピットコイン相場の動向、そしてビットコインからユーロへの換金のやり方次第だが、)最終的には通常の授業料を上回る金額を懐に入れることになるかもしれない。授業料は、学士号をもつ外国人留学生の場合で8,190ユーロ(約113万円)だ。

大学の目標はさらに大きい。同大学の理事らは、キプロス共和国をビットコイン取引の中心、言ってみれば「暗号通貨のウォール街」にする計画を提案する予定だとも述べている。ただ、専門家の中には、完全にヴァーチャルな通貨の世界においても物理的な位置が重要になるという考えもあるようだ。

引用元: 世界初、仮想通貨で授業料を払える大学 « WIRED.jp.

『VOGUE』すげー! マリッサ・メイヤーがスーパーモデルに! だけど株的には売りだな、こりゃ – Market Hack

しかし、女性のエグゼクティブが、本業のビジネスの切り口ではなく、ファッション・アイコンとしてファッション雑誌の誌面を飾った場合、その後で本人の運命が暗転することがウォール街では知られています。記憶に新しいところではリーマン・ブラザーズのエリン・キャランCFOが『コンデナスト・ポートフォリオ』に登場したことが思い出されます。

引用元: 『VOGUE』すげー! マリッサ・メイヤーがスーパーモデルに! だけど株的には売りだな、こりゃ – Market Hack.

有名ビジネススクール卒業生のウォール街離れ « WIRED.jp

ゴース氏は、志ある人が金融業界を見切っていると言うわけではないが、統計やプログラミングを学んだ多くの学生たちが、テクノロジー業界を志していると言う。「第1にテクノジー業界で、第2、第3もテクノロジーだ」。

ゴース氏のいうテクノロジー企業とは、コンシューマー向けのソーシャル/モバイルサーヴィスを提供する企業や、そのデータを取り扱う企業などだ。そのなかには、多くのスタートアップを始め、アップルやフェイスブック、グーグルなどの大手ウェブ企業も含まれている。

しかし、データを取り扱う企業という観点で言えば、学生たちが目指すのはテクノロジー企業だけではない。近年では小売や消費財メーカーなど、さまざまな業界が大量のデータを収集しており、各企業はその活用法を求めている。このため、こういった企業の人気も高まりつつあるという。

引用元: 有名ビジネススクール卒業生のウォール街離れ « WIRED.jp.