タグ別アーカイブ: インテル

Jに外資マネー!チェルシー級ビッグクラブ誕生も : サッカー : スポーツ報知

Jリーグが来季以降に実質的な外国資本企業のクラブ運営を認める方針であることが15日、分かった。現在の規約では外資系企業によるクラブの過半数の株式保有を認めていないが、日本法人を設立して運営に当たれば規約違反にはならないと解釈。外資参入で爆発的に予算が増え、強豪の仲間入りを果たしたイングランド・プレミアリーグのチェルシーのようなビッグクラブを作り、Jリーグ全体のマーケットを拡大する狙いがある。

世界と戦うために、Jリーグが大改革へ打って出る。観客動員やスポンサー収入が頭打ちな現状を打破すべく、数年前から外資参入の是非を検討。今年にはJリーグ幹部が、インドネシア人の大富豪でイタリア1部(セリエA)のインテルでオーナーを務めるエリック・トヒル氏と会談を行うなど、規制緩和に向けた動きを続けてきた。

1月に就任した村井満チェアマン(55)は、リクルート社の香港法人で社長を務めるなどアジアでの経営経験が豊富。アジアを中心としたマーケット拡大に強い関心を持っていた。外資の直接参入でなく日本法人に経営を行わせることで、不慮の撤退を防止する。Jリーグ関係者は「日本法人ならば、仮に裁判になった場合にも迅速に対応できる」と明かした。

引用元: Jに外資マネー!チェルシー級ビッグクラブ誕生も : サッカー : スポーツ報知.

ニュース – インテルがFPGA搭載プロセッサの投入を表明、MSの要望など反映か:ITpro

米インテルが、ついにFPGAとx86プロセッサを組み合わせる手段に打って出る。プログラマブルなアクセラレータであるFPGAと、同社のサーバー用プロセッサ「Xeon」を、一つのパッケージに収めた製品を検討している。

2014年6月18~19日に米国で開催されたイベント「Gigaom Structure 2014」で、同社Data Center GroupのSVP/General ManagerのDiane Bryant氏が講演し、明らかにした。

今回のプロセッサは、データセンターに向けたものである。インテルは近年、大規模なデータセンターを持つクラウド事業者向けにカスタム化したプロセッサを提供している。2013年にはその数は15種類、2014年には30種類になるという。

今回のプロセッサは、こうしたカスタム化のニーズおよび特定のワークロードを高速化したいとのニーズを狙ったものと思われる。Bryant氏は「ソフトウエア・デファインドなデータセンターを実現するために、こうした技術が必要」と語っている。

つい数日前には、米マイクロソフトが2015年初頭に自社のデータセンターに1600個ほどのFPGAを投入する計画を発表している(関連記事:マイクロソフトがFPGAをデータセンターに投入、Bing検索を高速化へ)。今回のインテルのプロセッサも、こうしたクラウド事業者の動きを踏まえたものと言えそうだ。

引用元: ニュース – インテルがFPGA搭載プロセッサの投入を表明、MSの要望など反映か:ITpro.

Intel、産業システム用の仮想化プラットフォームファミリを発表 | マイナビニュース

Intelは、OEM、装置メーカー、システムインテグレータ向けに、産業用組み込みシステムの迅速な実装を実現する「インテル Industrial Solutions System Consolidation Series」を発表した。

同プラットフォームは、事前に統合、検証された組み込みシステム用仮想化製品で、それぞれ離れた場所にある複数の分散されたシステムを単一のデバイス上で統合して管理できるため、より効率的な自動化プロセスに低リスクで移行できる。同ファミリにより、産業用システムやオートメーションシステムの設計コストを削減し、新しい製品をより高速かつ効率よく市場に提供することができる。

また、同プラットフォームは、完全にパッケージ化されたソリューションで、「インテル Core i7プロセッサ」と事前に統合された仮想化ソフトウェアを備えた組み込み用コンピュータが含まれている。仮想化ソフトウェアは、あらかじめ環境設定された「Wind River Hypervisor」を搭載し、論理的に3つに区切られたインスタンスのうち、「Wind River VxWorks」で動作する2インスタンスでリアルタイムな稼働が必要なアプリケーションを稼働させ、「Wind River Linux 5.0」で動作する1インスタンスでリアルタイムな稼働が不要なアプリケーションを稼働させる。

引用元: Intel、産業システム用の仮想化プラットフォームファミリを発表 | マイナビニュース.

インテル、SD カードサイズの超小型PC 『Edison』 発表。デュアルコアCPU、WiFi 搭載のウェアラブル端末用 – Engadget Japanese

米ラスベガスで開催中のCES 2014 にて、インテルがSD カード規格の筐体に収まる超小型PC 『Edison』を発表しました。

Edison は22nm プロセスで製造される最新のデュアルコアQuark プロセッサとWiFi モジュール、Bluetooth モジュールを内蔵しつつ超小型&超省電力なのが特徴です。またLinux など複数のOS に対応するほか、Edison 単体で専用のアプリストアにアクセスできます。

Quark とは昨年のIDF でインテルが発表した同社史上最小のSoC プロセッサ。ウェアラブル端末をはじめ、あらゆるものが相互に通信するIoT (Internet of Things、モノのインターネット)の時代へ向けた製品としています。

引用元: インテル、SD カードサイズの超小型PC 『Edison』 発表。デュアルコアCPU、WiFi 搭載のウェアラブル端末用 – Engadget Japanese.

なぜ私は30年も務めたインテルを辞めたのか──パット・ゲルシンガー Page3 « GQ JAPAN

「キャリア形成で必要なことは2つある。ひとつは今やっている仕事で良い結果を残すこと。もうひとつは、次にやりたいことの準備をしておくことだ。これを繰り返していけば、すばらしいキャリアが築ける」とゲルシンガー氏は述べている。

引用元: なぜ私は30年も務めたインテルを辞めたのか──パット・ゲルシンガー Page3 « GQ JAPAN.

なぜ私は30年も務めたインテルを辞めたのか──パット・ゲルシンガー Page2 « GQ JAPAN

以前ゲルシンガー氏は、元インテルCEOのクレイグ・バレット氏から「上司に期待すべきことは2つ。ひとつは前進する機会を与えてもらうこと。もうひとつは前進のための支援を得ることだ」とのアドバイスを受けていた。

引用元: なぜ私は30年も務めたインテルを辞めたのか──パット・ゲルシンガー Page2 « GQ JAPAN.

15歳の少年、すい臓がん発見の画期的方法を開発 たった5分、3セントで検査

アンドレイカさんは13歳の時、親しい人をすい臓がんで亡くした。そこから、ネットですい臓がんについて調べ、その検査に800ドルかかり、さらに30%以上を見落としていることを知る。

なぜ難しいのか。すい臓がんを検出するには、血中にあるごく少量のタンパク質の発生量を調べなければならないからだ。すい臓がんになると検出される8000種の中から、すい臓がん患者特有のものを見つけ出した。研究を続けるため、アンドレイカさんは200人の教授に手紙を送る。うち、199は提案を却下。たった1通、良い返事が帰ってきたジョン・ホプキンス大学で研究の場を得て、テスト方法を開発した。

アンドレイカさんが開発した方法では、1つの小さな検査紙で 費用は3セント(約3円)、わずか5分でテストできるという。従来の方法と比べると、168倍速く、26,000分の1以下の費用、400倍の精度で検査できるという。

この方法はすい臓がんだけでなく、他のがんやHIVなどにも転用が可能としている。

アンドレイカさんはインテルが設立するGordon E. Moore Awardを受賞。75,000ドル(約742万円)を獲得。その他にも多数の賞を受賞し、10万ドル以上の賞金を得た。賞金は学費に使用するという。

引用元: 15歳の少年、すい臓がん発見の画期的方法を開発 たった5分、3セントで検査.

「ARMサーバは単にインテルプロセッサを置き換えただけではない」。ARMサーバ市場をリードするCalxedaに聞く - Publickey

Calxedaは、ARMのようなプロセッサメーカーではないし、一方でデルやヒューレット・パッカードのようなサーバベンダでもなく、台湾などのOEM/ODMメーカーでもないユニークなポジションにあるように思う。御社の狙いはどこにあるのか?

私たちが目指しているのはデータセンターの革新だ。私たちから見ると、ARMは知的財産(IP)のパートナーであり、OEM/ODMは顧客になる。

モバイル向けだったARMチップをサーバに入れるには、メモリやI/O、スイッチなどのファブリックをどう作るか、大量のサーバをどう管理するのか、といったことを理解しなければならない。単にインテルのチップをARMに入れ替えてもうまくいかないのだ。

引用元: 「ARMサーバは単にインテルプロセッサを置き換えただけではない」。ARMサーバ市場をリードするCalxedaに聞く - Publickey.

頭脳放談:第156回 Intelは1番の能力を持つファブをどう生かすのか? – @IT

新しいAtomベースのアーキテクチャのSoC群「Silvermont」が登場してくる(Intelのニュースリリース「インテル、低消費電力、高性能 マイクロアーキテクチャー「Silvermont」を発表」)。当然、最先端のファブの1番のトランジスタを使う。それが悪いものではあるはずがないのだけれど、「どうか?」とあえて「?」を付けておく。トランジスタの性能は1番だが、Atom自体の商売は1番ではないだろう。研究開発では1番のものは1番だが、こと商売に限っては1番のものが1番になるわけではない。それどころか、1番手を観察し、勘所をつかんだ2番手が美味しいところを持っていくというのはよくある話である。Atomがそういう上手な立ち回りを見せるのか、それともしばらくしたら、株主あたりから「2番じゃダメなんですか」などと質問を投げかけられることになるのかは知らない。経営者も変わったことだし……。

引用元: 頭脳放談:第156回 Intelは1番の能力を持つファブをどう生かすのか? – @IT.

先駆的な企業は競争に勝てない? 技術に酔いしれ…シャープ経営危機の本質+(2/2ページ) – MSN産経ニュース

コリンズによれば半導体大手インテルの初期がお手本になる。

70年代、インテルの創業者たちは「規律の伴わないイノベーションは破滅をもたらす」と肝に銘じ、現実を無視したイノベーション至上主義と一線を画していた。情熱あふれる技術者が夢物語を語って過大な期待を抱かせ、「妥当なコストで十分に信頼できる製品を顧客に送り届ける」という約束を果たせずに終わる-。こんな不安があったからだ。

コリンズが挙げるインテル成功の主因は、「インテル・イノベーツ(インテルはイノベーションを起こす)」ではなく、「インテル・デリバーズ(インテルは顧客の期待に応える)」なのだ。

日本企業がイノベーションで先駆的な役割を果たしながら、世界の覇者になれなかった分野は多い。モバイルインターネットで「iモード」のNTTはアップルに負け、電子書籍端末で「リーダー」のソニーはアマゾン・ドット・コムに負けた。

日本企業の間で根強く残る「モノづくり文化」では、イノベーションを担う技術者主導で物事が決まりがちだ。だが、自分の技術に酔いしれて市場の現実を軽視すると、企業として行き詰まることは珍しくないのである。

引用元: 先駆的な企業は競争に勝てない? 技術に酔いしれ…シャープ経営危機の本質+(2/2ページ) – MSN産経ニュース.