タグ別アーカイブ: インダス

Database Watch(2014年1月版):未来予測を支える技術とPivotal/Mongo、Groonga (1/2) – @IT

GEの製品やビジネス規模を見ると、まさにビッグデータへの適応が必要な環境だということが分かります。例えばサンフランシスコから東京まで飛行するジェット機のエンジンに積まれたセンサーが生成するデータは片道で10TBにもなるそうです。大量のデータを素早く分析する技術が必要になってきます。

センサーデータを分析してどうするか? これまでデータ分析は「何が起きているか」と状況把握に使われていました。しかし今はさらに先に進み「何が起きるか?」とより的確で効率的な保守に役立てるように発展しています。

飛行機を例に考えてみましょう。中東を飛ぶ飛行機とアジアを飛ぶ飛行機、飛行する区間が異なれば気温、公害の度合いや原因物質など大気の状態も異なります。そうなると保守や管理も異なってきます。日々の運用を管理し、より適切な保守のためにデータ分析に投資することはGEにとって意義のあることです。インダストリアル・インターネット戦略のもと、第3のプラットフォーム、あるいはIoTやビッグデータといった新しい技術要素を先手必勝で獲得しようとするGEの意気込みが伝わってきました。

引用元: Database Watch(2014年1月版):未来予測を支える技術とPivotal/Mongo、Groonga (1/2) – @IT.

アスファルトの歴史 浮上する謎も NHKニュース

そのアスファルト、実は古い歴史を持っています。

メソポタミア文明やインダス文明の遺跡で天然のアスファルトを建材などに利用したことや、紀元前3000年ごろのエジプトでミイラの防腐剤として使われていたことが分かっています。

さらに日本でも、新潟県の南部~東北の日本海側、そして北海道にかけて天然アスファルトが産出する場所があり、縄文時代前期の半ば(およそ6500年前)から利用されてきたといいます。

狩りで使う矢じりを固定したり、釣り針を糸にくっつけたりすることに使われた、いわば「生活必需品」だったのでしょう。

粘着力が強くて、水も弾く。

そうしたアスファルトの性質を、縄文時代の人もよく知っていたに違いありません。

引用元: アスファルトの歴史 浮上する謎も NHKニュース.

バーバリーだけじゃない、ファッションブランドから次々人材を引き抜くアップルの狙い | 瀧口範子 | コラム&ブログ | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト

アップルが有名ファッション・ブランドのバーバリーからCEOを雇い入れたことが話題になっている。実は、アップルがファッション・ブランドからトップをヘッドハントしたのは、最近でこれが二人目だ。今年7月には、パリの有名メゾン、イヴ・サンローランのCEO兼会長を雇った。

バーバリーCEOのアンジェラ・アーレンズは、長い間空席になっていたアップルの小売部門の統括責任者となる。一方、サンローランのポール・デネーブは「特別プロジェクト」の担当。この特別プロジェクトとはおそらく、アップルが近い将来に発表するだろうとされている腕時計型コンピュータ、つまり通称「iWatch」だというのがもっぱらのうわさだ。

トップの引き抜きではないが、ファッション業界ということで言えば他にもいる。リーバイズの上級副社長がアップルのアメリカ国内小売店担当になり、ナイキのデザイン・ディレクターもアップルに加わっている。

ファッション界の人間を招き入れるとは、たとえデザイン・コンシャスで知られるアップルであっても大きな転換点となるようなできごとである。テクノロジー製品は、いわば技術のロジックと生産の効率性で構成されていて、インダストリアル・デザインを極めていくところまでは理解できる。

だが、ファッションとなるとかなりの飛躍だ。アップル製品の使い勝手のよさや、切り詰められたシンプルさ以上に、移り気で直観的で感情的といった要素が加わるのだ。アップルはともかくとしても、エンジニア社会のシリコンバレーではびっくり、といった動きである。

引用元: バーバリーだけじゃない、ファッションブランドから次々人材を引き抜くアップルの狙い | 瀧口範子 | コラム&ブログ | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト.

脇の下のニオイを醸し出す「わきゲノム」研究とは – 蝉コロン

最終的には腋窩細菌叢がどんな風にワッショイワッショイしだすと体臭となって出てくるかのメカニズムを明確にしたいと彼らは考えている。細菌叢がどういう状態であると特に臭いのか、というのはコスメティックインダストリー的にも重要な関心事なのである。匂いを生み出す特定の酵素を欠損した菌を代わりに植え付けたらどうだろうか。生きてワキまで届く

引用元: 脇の下のニオイを醸し出す「わきゲノム」研究とは – 蝉コロン.