タグ別アーカイブ: イルカ

反捕鯨団体「シー・シェパード」が日本側に賠償金3億円支払いで合意 妨害差し止め命令に違反 – 産経ニュース

南極海で調査捕鯨を行う日本鯨類研究所(鯨研)などと、国際反捕鯨団体、シー・シェパード(SS)が係争中の訴訟で、調査捕鯨の妨害行為を差し止める仮処分命令が出ていたにもかかわらず、SSが鯨研側に妨害行為を続けたとして、調査船の船体破損などの弁済として255万ドル(約3億1600万円)を支払うことで合意したことが分かった。双方が9日までに明らかにした。

昨年12月、サンフランシスコ米連邦高裁がSSに弁済を命じていた。SSが、日本側に賠償金を支払うのは初めて。SSは7月1日までに支払う。

連邦高裁はSSを「海賊」と認定した上で、「日本の調査捕鯨船の500ヤード(約450メートル)以内に近づいてはならない」と命令。ところが、SSはその後も妨害をしかけ、船舶に損傷を与えるなどしてきた。

SSは高裁の命令を不服として上訴したが、米連邦最高裁は8日、この訴えを却下し、SSが最終的に合意書に署名した。妨害の永久的な差し止めをめぐる本訴訟は継続中で、来年10月に第1回弁論が行われる。

今後、SSが妨害行為を繰り返せば、さらなる賠償金支払いの義務が生じることにもなり、南極海での妨害活動に一定の歯止めができたといえる。日本は、中断していた調査捕鯨を今年から再開する計画だ。

SSは2003年に和歌山県太地町のイルカ漁妨害を始めて以来、日本を主な標的にしてきた。

引用元: 反捕鯨団体「シー・シェパード」が日本側に賠償金3億円支払いで合意 妨害差し止め命令に違反 – 産経ニュース.

【特別企画】転売屋がホビー商品で“儲け”を狙う理由は何か? – GAME Watch

転売はすでに「お金を稼ぎたい人の副業」であり、ある程度のブームになっている。転売屋にとって、商品の魅力は関係なく、“機会”をとらえた人がお金を稼げるゲームになっている。私たちがその商品化を喜び、見事な造形と、ギミックでキャラクターを表現した、「自分の宝物となるアイテム」が、小銭稼ぎが趣味の人の“道具”になっているという状況を改めて実感した。

この絶望的な状況をどう改善させればいいのだろうか。1つの回答が「受注生産によるメーカーの直販」だ。グッドスマイルカンパニーのGOODSMILE ONLINE SHOPは商品に自社の予約販売枠を設け、さらに特典をつけてこの申し込みを加味して工場での生産量を調整しているという。コトブキヤや海洋堂など、ネット販売を行なっているところも多い。求めるユーザーにできるだけきちんと商品を届けるための工夫といえる。

小売店での展開が中心の大きなメーカーは、一般販売商品のネットでの直販は、問屋との関係もあって、難しい一面があるのではないかというのが筆者の分析だが、タカラトミーは「タカラトミーモール」を開設し、ネット販売枠を設けている。一方バンダイはネット販売を行なう「プレミアムバンダイ」はとても好調だが、一般店舗では出回らない限定品がメインであり、一般商品のネット販売は積極的には行なっていない。

ネットでの一般流通の販売は問屋を経由する小売店システムの販売に影響する一面は確かにあるだろう。また、せっかく用意した販売枠も、現在同様転売屋にすべて買い占められる可能性もある。しかし、「商品をほしい人が、確実に商品をゲットできる機会」というのは増えてほしい。

引用元: 【特別企画】転売屋がホビー商品で“儲け”を狙う理由は何か? – GAME Watch.

鴨川シーワールド:イルカ「しゃべった」 8種類をまねる – 毎日新聞

“話し手”は、鴨川シーワールド(千葉県鴨川市)で飼育されているシロイルカの「ナック」(推定29歳)。飼育員が「ピヨピヨ」と声をかけると、上手に「ピヨピヨ」と返し、他に「ほう?」「ハハハ……」もまねてみせる。

イルカは、口ではなく、頭の上にある小さな呼吸孔(鼻)から鳴き声を出し、仲間同士のコミュニケーションに利用している。ナックも呼吸孔を使ってまねをする。抑揚が少ない言葉はまねにくいようで、「つかさ」という村山さんの名は明瞭に聞き取れないこともあるが、村山さんは録音を再生しながら「ほら言ってる」と興奮。実際、ナックの声の周波数(音の高さ)やリズムを分析すると、飼育員が「つかさ」と話す声と同じパターンだった。「自分の名を言ってくれたのは、最高の感動」と声を弾ませる。

村山さんは高校1年のとき、人の言葉を理解するイルカが出てくる米映画を見て、「自分もイルカと話したい」と研究者を志した。イルカの認知機能を扱う研究室はどこにもなかったが、東京大の研究者が受け入れてくれた。今も国内で同分野を専門にしているのは村山さんだけで、手探りで研究を重ねてきた。

ナックとの付き合いは20年以上で、言葉の訓練は2003年から始めた。これまでにナックにフィン(足ひれ)を見せると短い高音、バケツは低音、ゴーグルは長い高音と、見せた物に応じて違う鳴き声を出させることに成功した。さらに記号を見せて「AならばB」「BならばC」と覚えさせ、「A」を示しただけで「C」を選ぶ三段論法的な思考ができることも確認している。

今回は、人の発した言葉をナックが自らまねていることを、音波や周波数の丹念な分析から証明した。まだ「オウム返し」の段階だが、村山さんは「物に合わせた鳴き声を発することができるので、言葉の意味を理解して発音することができるはずだ」と期待する。最終的には、村山さんらが「何がしたい」と聞けば、「エサを食べる」「遊びたい」と会話できるようにしたいという。

引用元: 鴨川シーワールド:イルカ「しゃべった」 8種類をまねる – 毎日新聞.

イルカに「人権」を、ルーマニアで議員が法案提出 | 世界のこぼれ話 | Reuters

ルーマニアの国会議員が、イルカに人間と同じ権利を与えるための法案を同国議会に提出した。向こう数週間、法案をめぐり上院で審議が行われるという。

イルカに「人権」を与える法案を提出したのは、活動家でもあるレムス・チェルネア議員(39)。法案では、高度に発達した知力や行動パターンなどからイルカを「人間以外の人格」だと認め、人間とイルカは法の下に平等だとしている。

法案はまた、イルカを殺した際には「殺人」と同じ刑期を受けるとするほか、ライブのエンターテインメントショーでイルカを出演させることを禁じるとしている。

チェルネア議員によると、和歌山県太地町で行われているイルカ漁を批判的に描いた米映画「ザ・コーヴ」(2009年)の監督から支持を表明する書簡が送られてきたという。

ただ、ルーマニアは今年、欧州議会選と大統領選が実施されるが、欧州連合(EU)域内で2番目に困窮する同国では汚職や生活水準の向上などが主な争点となり、動物の権利に関する問題が支持を集めるのは難しい状況とみられている。

引用元: イルカに「人権」を、ルーマニアで議員が法案提出 | 世界のこぼれ話 | Reuters.

ボートに近づいてきたシャチ、なんとエンジン音のモノマネをしてきた!(動画):らばQ

シャチは、イルカやクジラの仲間なので、知性もかなり高い生き物だそうです。そんなシャチがボートに近づいてくる映像が話題を呼んでいました。なんとボートのエンジン音そっくりのモノマネをしているのです。

引用元: ボートに近づいてきたシャチ、なんとエンジン音のモノマネをしてきた!(動画):らばQ.

イルカはフグ毒で”ドラッグ遊び”をしていることが判明…英BBC調査 – Technity

これは、英BBCの海洋ドキュメンタリー番組「Dolphins – Spy in the Pod」の中で、映画監督であるJohn Downer氏が撮影した映像から判明したもの。この番組の中でDowner氏らの撮影チームは、ウミガメやマグロなどを模した水中ロボットカメラを駆使し、様々な海洋生物の生態に迫っています。

映像の中では、若いイルカたちがフグを傷つけないようにやさしく口にくわえたり、仲間内でフグをボールのように投げ合ったりして遊んでいる様子が捉えられています。フグは外敵から攻撃されると “テトロドトキシン” という猛毒を体外に放出しますが、イルカたちの中にはこの毒にあてられて、水面を「うっとりした(mezmerized)」様子でプカプカと浮かんでいるものも確認されたとのこと。

引用元: イルカはフグ毒で"ドラッグ遊び"をしていることが判明…英BBC調査 – Technity.

「イルカは名前で呼び合っている」、英研究 国際ニュース : AFPBB News

キング氏率いる研究チームは、イルカが自分特有の音を他のイルカが発した時にどのような反応を示すかについて疑問を持った。

そこで、研究チームはイルカの群れの鳴き声を録音し、各個体特有の音を一つ一つ再生してイルカに聞かせた。「おもしろいことに、イルカは自分特有の音が仲間から発せられた時に限り反応を示した。即座に鳴き返し、時には何度も鳴き返すこともあった。だが、他の鳴き声を聞いた時には一切そのような反応を示さなかった」とキング氏は説明する。

研究チームは、イルカの声をそのまま使ったり、あるいは別のイルカが「名前」を読んでいるかのように元々の声の特徴をすべて排除したり、さまざまな方法で個体特有の音の再生を繰り返した。また、異なる群れのイルカが発する聞きなれない鳴き声と、同じ群れのイルカが発する個体特有の音をイルカに聞かせた。その結果、「イルカは自分特有の音が真似された時に鳴き返しており、しかも即座にそうしていた。他の音を聞いた時にはそのような反応を示さなかった」という。

キング氏は、今回の研究結果は、イルカが群れの中で互いに名前で呼び合うことを示すものだと指摘する。

イルカの鳴き声の約半分が「名前」を呼ぶものだとみられることから、次の大きな課題は彼らが他にどんな会話をしているのか見つけ出すことだとキング氏は話す。「イルカが発する鳴き声の半分は、何のためのものかわからない。それが、イルカの伝達方法を研究する上での次のステップだ」

引用元: 「イルカは名前で呼び合っている」、英研究 国際ニュース : AFPBB News.

アニサキス食中毒 都市部でも増加 予防は「冷凍」「加熱」「よく噛む」+(1/2ページ) – MSN産経ニュース

アニサキスは、鯨やイルカなど海洋哺乳類の胃の中で成虫になる寄生虫。幼虫がサバやスルメイカなどに寄生し、それを生で食べることで食中毒を起こす。幼虫は魚介類が生きているときは内臓に寄生しているが、水揚げされた後は筋肉(身の部分)に移動。刺し身などを生食したとき、よく噛まないと幼虫が生きたまま胃や腸まで行ってしまう。すると、幼虫は人の胃や腸の中で暴れ、歯で胃の粘膜を突き破ったりする。おなかが痛くなるのはこのためだ。

食品衛生法では医師が食中毒患者を診察したら最寄りの保健所に報告するよう定めている。厚生労働省によると、平成20年に14件だったアニサキスによる食中毒は24年は65件と約5倍に増加。東京医科大学病院渡航者医療センターの浜田篤郎教授は「アニサキスによる食中毒は強い痛みを伴うが、多くは約1日で痛みがなくなる。病院を受診しない人も多く、実際の患者は年間2千~3千人はいるだろう」と指摘する。

引用元: アニサキス食中毒 都市部でも増加 予防は「冷凍」「加熱」「よく噛む」+(1/2ページ) – MSN産経ニュース.

インドがイルカを「人」と認めた « WIRED.jp

イルカは「人類ではない人」だ。その生命と自由の権利は尊重されなければならないとして、インドはシャチやイルカのようなクジラ目の動物たちにこのような特別な地位を公式に認め、これらの動物を飼育するドルフィンパークをすべて閉鎖するように命じた。

公式声明で明らかにしたように、インドの環境・森林大臣は、科学がこうした動物たちの知性や感情をはっきりと確認したと説明して、彼らを「一定の権利をもつ人類ではない人」と定義し、こうした動物たちの捕獲や監禁につながるすべての行為を禁止した。

引用元: インドがイルカを「人」と認めた « WIRED.jp.