タグ別アーカイブ: アプローチ

ほぼ完全な人間の脳、実験室で培養成功 米大学研究 写真1枚 国際ニュース:AFPBB News

同大によると、アナンド教授は、脳や神経系の疾患に対する治療法を開発する過程で、培養された脳を用いることにより、薬剤が精神に及ぼす影響をより簡単で倫理的な実験で調べることができるようになることを期待しているという。同教授と共同研究者は、脳培養システムを製品化することを目的とした新興企業をオハイオ(Ohio)州に共同で設立している。

 アナンド教授は、自身の研究に関する同大の報告書の中で「この脳モデルの効力は、人間の健康に非常に明るい未来をもたらすものだ。なぜなら、治療法を試験・開発するための選択肢として、齧歯(げっし)動物を用いる以外の、より的確で関連性の高い選択肢が得られるからだ」と指摘している。

 また、これは神経科学研究全般にとっても恩恵となる可能性がある。この脳を利用することで、ゲノム研究においては、現在用いられているコンピューターモデルではない実践型のアプローチを実行できるからだ。このことについては、「数学的相関法や統計的手法はそれ自体、因果関係を特定するには不十分だ。実験システム、つまり人間の脳が必要なのだ」と説明している。

引用元: ほぼ完全な人間の脳、実験室で培養成功 米大学研究 写真1枚 国際ニュース:AFPBB News.

ムーアの法則が、スタートアップの成功あるいは死を意味する理由 | TechCrunch Japan

「私の考えは、ます製品や何かをしたい領域を決め、それが理にかなっているなら、新たな事業を始める。つまり、今日の多くの起業家はものごとに逆のアプローチをしているように思える。彼らは新しい会社を起こすことを決め、それから利用できるアイデアを探し始める。それが大成功することもある、例えばGoogleのように。多くの場合、線香花火のように、短期間成功したあと他の何かに取って代わられる。もし私が現在および未来の起業家にアドバイスを贈るとすれば、今やろうとしていることを元に長期的事業を作る方法を探しだすことだ ー 短期的成功だけでなく。

引用元: ムーアの法則が、スタートアップの成功あるいは死を意味する理由 | TechCrunch Japan.

脱サラ後のブランド戦略について当たり前のことを言っておく

一方第二の選択肢は凡人の取るアプローチだ。自分が元いた組織の経験や「○○にいた」というブランドを根っこにしてその上に自分独自のストーリーを積み重ねて、徐々にオリジナリティを確立していくタイプだ。大きい組織であればあるほど社会との界面が多く、そうした立ち位置を取り続けて粘り強く自分の専門性に根付いた地に足の着いた情報発信を続ければ、ブランドが浸透して少しずつチャンスが与えられるようになってくる。私自身そういうタイプである。なおこういうタイプはリクルートなどに多い。(会社が無理矢理そうさせているところもあるらしいが)仮に「サブブランド型」とでも言っておこう。

引用元: 脱サラ後のブランド戦略について当たり前のことを言っておく.

磁気が“見える”ようになる? 「磁気感覚」の創出に成功 東大 – ITmedia ニュース

五感に次ぐ新しい“第六感”として「磁気感覚」を作り出すことに成功したと東京大学大学院の研究者が発表した。脳は新しい感覚でもすぐに習得し、積極的に情報として利用できることも分かったという。視覚障害者の補助に活用できるのではとしている。

東京大学大学院薬学系研究科の池谷裕二教授らの研究グループは、目の見えないラットの脳に、磁界の向きを感知する「地磁気チップ」を埋め込んだ。ラットが北を向いたら右側の、南を向いたら左側の「1次視覚皮質」(目で受け取った情報を最初に処理する大脳皮質)を刺激するように設定したところ、迷路をクリアしてえさを食べることができた。

複雑な迷路でも、目の見えるラットと同様にえさの位置を正確に把握でき、磁気感覚を使いこなせていることが分かったという。センサーの電源を切ると、最初は失敗していたが、その日のうちに課題を解けるようになった。磁気によって作られた「認知地図」による地理感覚が得られたと考えられ、失った感覚(視覚)を新しい感覚で代替できることが証明できたとしている。

脳は新しい感覚も柔軟に取り込めるようだ。視覚障害者が持つ杖に方位磁針センサーをつけるなど、感覚欠損のサポートへの新しいアプローチが期待できるという。

地磁気を利用している生物としては渡り鳥が知られており、渡り鳥は磁気を視覚として使っている(磁気が“見えている”)という説がある。紫外線が見える動物もいるなど、人間が自分の世界だと思っているものは、外界のごく限られた情報だけを検知して構成されているとも言える。

池谷教授は「おそらく人は脳の全てを使えているわけではない。それは人の身体の感覚器が足りないためで、本当の知覚の世界はもっと“カラフル”なものに違いない」と話している。

引用元: 磁気が“見える”ようになる? 「磁気感覚」の創出に成功 東大 – ITmedia ニュース.

Chrome で高速にページを読み込む新しい技術のご紹介 – Google Developer Japan Blog

スクリプト ストリーミングは JavaScript ファイルのパースを最適化します。以前のバージョンの Chrome では、パースを開始する前にスクリプトをすべてダウンロードする単純な手法を使っていましたが、このアプローチではダウンロードが終了するまで CPU を活用できていませんでした。Chrome バージョン 41 からは、async と deferred のスクリプトについて、ダウンロードが開始されると同時に別のスレッドでパースが実行されるようになります。つまり、ダウンロードの完了とほぼ同時にパースも完了することになり、ページの読み込みが 10 % ほど迅速に行われることになります。これは特に大がかりなスクリプトやネットワークが遅い状況において効果的です。

引用元: Chrome で高速にページを読み込む新しい技術のご紹介 – Google Developer Japan Blog.

任天堂・岩田聡社長激白、「時が来た」 (5ページ目):日経ビジネスオンライン

なぜ、相手がDeNAなのか、という問いの答えですが、論理的に説明がつく部分以外の要素もあったと。会見では「なぜDeNAなのか」という質問に、「情熱」ともおっしゃっていました。

岩田:もちろんある一定レベルでは、強みが重なっておらず、補い合えるというロジックの部分はあります。でもそれだけだと1つにならないんですよ。先方が何度かうちにアタックされて、いいお返事ができなくても、それでも何度もアプローチしていただいていた。

その情熱はどこから来るのかというと、当社に対してリスペクトを持ってくださっていたり、一緒にやれたら大きく変わるという彼らなりの夢があったからなんですね。逆に、私たちがDeNAのトップレベルのエンジニアの方々とお付き合いをすると、「この人たちはやっぱりすごいな」と思うわけです。お互いが相手の強みの部分をちゃんと尊敬できた。そのことも、提携に至った大きな要素だと思います。

引用元: 任天堂・岩田聡社長激白、「時が来た」 (5ページ目):日経ビジネスオンライン.

全世界共通! パワフル・プレゼンテーション、3つのルール | グロービス代表 堀 義人ブログ

僕はこれまで自分なりに、アジア型と欧米型のアプローチをいいとこ取りした「普遍的なプレゼンテーション・スタイル」を編み出そうとしてきた。多少の調整を加えれば、このスタイルは世界中のどこでも通用するはずだ。

それを要約したのが、次のシンプルな3つのルールである。

●エネルギッシュであるべし。ただし、度は超すべからず。

元気はありすぎてもなさすぎても疎まれる可能性がある。僕が思うに、穏やかで温もりのあるエネルギー(昔ながらの白熱電球のような)を発するほうが、ありのままのエネルギーをむき出しにするよりも効果的だ。そうすれば、聴衆との一体感が生まれるからである。

●人間味を出すべし。ただし、感情的にはなるべからず。

人間味を出すのはいいことだが、出しすぎには気を付けよう。日本の政治家である野々村竜太郎氏は記者会見の席で、公金の大部分をどう使ったか説明するよう求められ、号泣し始めた。その記者会見の動画はYouTubeで公開され、世界的に悪い意味でセンセーションを巻き起こす結果となった。人間味を出すことは重要だ。かといって、お涙頂戴的になったり、ヒステリックになったりするのは禁物である。

●事実を示すべし。ただし、高飛車にはなるべからず。

どの国や地域の聴衆も、重要なデータを網羅してうまく構成した簡明なプレゼンテーションを高く評価する。しかしその一方で、連勝中のWWEのプロレスラーさながらに、自分の実績をこれでもかと誇示するのは避けたいところだ。ときには、少し控えめなほうが効果的なこともある。例えば、グラフを提示する際は、詳細をいちいち説明して聴衆を感心させようとするよりも、数字そのものに語らせてみてはどうだろうか。

引用元: 全世界共通! パワフル・プレゼンテーション、3つのルール | グロービス代表 堀 義人ブログ.

「夢が非現実的であるほど、ライバルは減る」 Google創業者による”クレイジーな生き方”のススメ | ログミー

つまり、「不可能なことなどない」をモットーに問題に対して新しいアプローチを取り続ければ、全く新しい解決策が生まれるのです。

ものすごく大きい、バカみたいな夢を見ることは成功するためのキーだと思います。バカなことを言っている、と思うでしょう? 夢が非現実的であればあるほど、競争者がいなくなる。今現在、私レベルにクレイジーな人は世の中に数えるほどしかいないので、彼らの名前を空(そら)で挙げられるくらいです。

(会場笑)

クレイジーはクレイジー同士、惹かれあうものなのです。大きく成功する人は大きな挑戦をします。これはGoogleも同じです。私たちのミッションは世界中の情報を整理して、世界中の人々が整理された情報にアクセスできるようにすることです。こんな素晴らしいアイディアにわくわくしない人などいないでしょう?

引用元: 「夢が非現実的であるほど、ライバルは減る」 Google創業者による"クレイジーな生き方"のススメ | ログミー.

戦略コンサルタントのポーター的戦略 – 経営戦略コンサルの洞窟

ポーターの戦略論によると、戦略は3つ。コストリーダーシップ、差別化、集中化。

これを戦略コンサル個人の取るべき戦略に当てはめるとどうなるか。

コストリーダーシップ:これは業界最大手が規模の経済などを活用して実施することが多い。コンサルでは本当に「頭が切れ」、アイディアや洞察力で勝負する。

差別化:全てのクライアントに対して差別化したプラクティスナレッジを持つことか。プラクティスに対する「典型的なアプローチ」をもち、過去の事例から改善策を提供する。

集中化:ある種クライアントを絞り込む。クライアントを企業単位とすると分かりやすいのは業界特化か。その業界の知見をため込み、「あるべき業界構造」からクライアントに課題に入る。

引用元: 戦略コンサルタントのポーター的戦略 – 経営戦略コンサルの洞窟.

リクルートが競合になった時の傾向と対策(自分用) – MUGENUP社長のまとめブログ

さて、起業して一番を目指そうと事業を育てていくと大体目の前に表れるのが、リクルートさんです。リクルートさんのカヴァー率は本当にすごいと思います。そんなリクルートさんの隙をついて勝ってきた会社さんや領域を見て個人的に思ったことは

リクルートさんに勝つためには

•リクルートさんが寡占していない領域で

•フロービジネス(線形ビジネス)ではなく、ブランドやデータベースなどアセットビジネス(指数関数ビジネス)を構築し

•オペレーショナルなシステムを築き、リクルートさんが人を増やすより先にスケール出来る様にする。

ということだと思います。

CGMやSEOマーケティングメディアとして成功されたリブセンスさんや、ブランドと求職者DBにアプローチ出来るモデルを確立されたビズリーチさん、バーティカルメディアを展開され最終的にリクルートさんのメディアも参加させたじげんさんなど、アセットビジネスとして固い基盤を作り、規模とスケールするスピードで存在感を出されているかと思います。

引用元: リクルートが競合になった時の傾向と対策(自分用) – MUGENUP社長のまとめブログ.