タグ別アーカイブ: アナリスト

米GE、ものづくりに回帰 金融は撤退、新技術に活路:朝日新聞デジタル

米ゼネラル・エレクトリック(GE)が経営戦略を大転換している。もうけは大きいが振れも大きい金融事業からは事実上撤退し、原点の「ものづくり」への回帰を加速する。注力し始めたのは、もともと得意な製造業に、新たなデジタル技術を融合したビジネスだ。

「すばらしい経営判断だ」。GEに対し、最近は辛口が目立ったウォール街のアナリストたちがそろって称賛した。

GEは今春、大胆な「脱金融」のプランを示した。世界中に保有する総額2千億ドル(約25兆円)の金融関連資産を、今後2年間で一気に売却。2014年に全体の営業利益で金融事業の比率は4割以上だったが、18年までに1割以下に減らすと数値目標も公表した。

かわりに航空機エンジンやタービンに注力し、製造業回帰を鮮明にした。ジェフ・イメルト最高経営責任者(CEO)は「競争優位性がある領域に力を集結する。もっとシンプルな製造業をめざす」と語る。

金融事業は03年に全社の営業利益の56%に達した。好景気の時期はよかったが、08年のリーマン・ショック後に状況は一変。一時は資金繰りにも困り、09年に70年ぶりの減配に追い込まれ、最上級の格付けも失い、足かせになってきた。

「脱金融」の背景には、世界的な金融規制の強化もある。金融子会社GEキャピタルは、資産規模でみると米国7位の巨大金融機関だ。金融危機の再発を防ぎたい金融監督当局からは13年に「金融システムを安定させる上で重要な金融機関(SIFI)」に認定され、国際基準よりも高い自己資本比率の確保が求められることが予想された。規制に対応するコストもかさみ、株主の不満も増えた。

引用元: 米GE、ものづくりに回帰 金融は撤退、新技術に活路:朝日新聞デジタル.

Google幹部の座を捨てソフトバンクに転身 孫正義氏が後継指名、アローラ氏はどんな人物か (2/5) – ITmedia ニュース

アローラ氏とは一体どんな人物なのか。

故郷はインド北部でネパールと国境を接するウッタル・プラデーシュ州。1968年2月に父親がインド空軍の家庭で生まれ、ヒンドゥー教の聖地で知られるバナラシのバナラシ・ヒンドゥー大学で電気工学を学んだ後、渡米して奨学金を受けてボストン大学で理学修士号、ノースイースタン州立大学で経営学修士(MBA)を取得し、さらに公認証券アナリスト資格も取得して、卒業後は通信業界アナリストとして活躍した。

1999年にはドイツテレコムに入社し、子会社のTモバイル・ヨーロッパで取締役、CEOを歴任。2004年にグーグルに転職した。グーグル時代のアローラ氏の年収は総額で5000万ドル(60億円)以上だったと報道されている。グーグル共同創設者でCEOのラリー・ペイジ氏は「グーグル社員はもとより、私にとっても類いまれなるリーダーだ」と高く評価しており、グーグルでは最高額の報酬を得ていたといわれる。

引用元: Google幹部の座を捨てソフトバンクに転身 孫正義氏が後継指名、アローラ氏はどんな人物か (2/5) – ITmedia ニュース.

週90時間労働はもうごめん、ウォール街去る若手バンカー増加 – Bloomberg

ウォール街の最も優秀で才能ある若手バンカーの一部は、高い報酬と名声が得られる大手金融機関の仕事から身を引き始めており、そのうちの多くが自分の会社を起業している。こうした傾向に関する正確な統計はないが、米国勢調査局のデータでは、ニューヨーク都市圏の25歳から34歳の金融・保険分野の就労者数は2013年4-6月(第2四半期)時点で10万9187人と、07年第2四半期から19%減少した。富と名声の代償私生活をあきらめることは長年、投資銀行で得られる富と名声の妥当な代償だと考えられてきた。大卒や経営学修士(MBA)取得者が年間10万ドル(約1020万円)から30万ドルの報酬を得られる2年間の銀行研修プログラムは誰もが参加したいと望んでおり、競争はなお激しい。ただ、こうしたトレードオフ(交換条件)に若者が疑問を抱く状況は驚きではないと専門投資銀行ロスチャイルドでアナリストを2年間務めた経験を持つパトリック・カーティス氏は指摘する。就職助言やネットワーキング関連のウェブサイト、ウォールストリートオアシス・ドット・コムを運営するカーティス氏(34)は「報酬には当然見合わない仕事だ。平均週90時間の労働、本当にひどい時は週120時間働く。割に合うかと聞かれれば、答%2

引用元: 週90時間労働はもうごめん、ウォール街去る若手バンカー増加 – Bloomberg.

東証1部 我慢クラブ – 帰ってきた ■財務アナリストの雑感■  シーズン7

ABCマートが中間決算を発表した。

業績そのものは堅調のようだが、この会社に関して私は一つ気になっていることがある。

公益財団法人財務会計基準機構に加入していない、数少ない東証1部企業なのである。

どういうことかというと・・・・

東証では、国際会計基準(IFRS)と日本基準とのさらなるコンバージェンスの進行やIFRS任意適用の開始など、上場内国会社が会計基準等の変更等について的確に対応する必要性が高まってきていることを踏まえ、企業行動規範の「望まれる事項」として、

(1)会計基準の内容又はその変更等についての意見発信及び普及・コミュニケーションを行う組織・団体(=公益財団法人財務会計基準機構)への加入、

(2)会計基準設定主体等の行う研修への参加、

(3)その他会計基準等の内容を適切に把握し、又は会計基準等の変更等について的確に対応することができる体制の整備を行うよう努めることを義務づけ、また、事業年度経過後3ヶ月以内に、当該事業年度の末日における公益財団法人財務会計基準機構への加入状況(当該機構に加入していない場合には、翌事業年度以降における加入に関する考え方を含む。)の開示を求めているのである。

9月2日時点、東証1部での未加入会社は9社まで減った。

2670 (株)エービーシー・マート

4776 サイボウズ(株)

5423 東京製鐵(株)

5721 (株)エス・サイエンス

6929 日本セラミック(株)

7968 (株)TASAKI

8227 (株)しまむら

9076 セイノーホールディングス(株)

9201 日本航空(株)

いずれも個性が強そうな会社で、「ウチはウチでちゃんとやっているから、機構に加入しなくても大丈夫だ」との声が聞こえそうだ。

引用元: 東証1部 我慢クラブ – 帰ってきた ■財務アナリストの雑感■  シーズン7.

セブン&アイHD もう1つの金融ビジネスに思う – 帰ってきた ■財務アナリストの雑感■  シーズン7

「何を言っている!営業キャッシュフローは、物凄く増えているじゃないか!」

とおっしゃるかも知れません。確かに前年の2,545億円から3,112億円へと567億円も増えております。

しかしキャッシュフロー計算書の中身を良く見て下さい。

営業キャッシュフローの中で、「銀行業における預金・社債の純増減」が前期比で565億円も増えております。ほとんどこれで説明がついてしまいます。

(銀行業のデータが財務諸表のノイズになってしまっております。)

引用元: セブン&アイHD もう1つの金融ビジネスに思う – 帰ってきた ■財務アナリストの雑感■  シーズン7.

セブン&アイHD もう1つの金融ビジネスに思う – 帰ってきた ■財務アナリストの雑感■  シーズン7

コンビニ特有の会計システム、「オープンアカウント」では加盟店が商品を仕入れたことに伴う負債(コンビニ本部にとっては与信)につき金利を取っているということ。一般的には買掛金は無利子なのに、セブンではここに金利を取っている、なんと悪辣だ!・・・・ってなワケです。

ですので、もう一つの金融ビジネス=オープンアカウントの金利、であります。

引用元: セブン&アイHD もう1つの金融ビジネスに思う – 帰ってきた ■財務アナリストの雑感■  シーズン7.

新しい事業や技術に欠陥はある。それでも、始めてみなければ、進歩はない。批判する側よりも、批判されながらも、実行する側でありたい。 – 竹内研究室の日記

人生の選択というか、仕事を選ぶ選択で、新しいことを始める側になるか、新しいことを始める人を支援というか、批評する側になるか、というのは大きな分かれ道ですね。

前者の例は、会社を興したり、事業を起こしたりする人。

後者の例は、おおざっぱには、評論家、アナリスト、投資家、コンサルとかかな。

コンサルを起業する人とかもいるから、簡単に分けられるほど、単純じゃないですが。

新しい事業を始めたり、技術を開発すると、山ほど、批判を受けます。

でも、完璧なものができてから、スタートさせようとしたら、いつまでたっても始められない。

新しいことを始める人は、少々、不具合があっても、まず始める。

そして、走りながら修正していくしかないのでしょう。

批判というのは、進化させるためのヒントですから、ありがたいことではあります。

でも、妬みのような感情で批判したり、足を引っ張る人も必ず出てくる。

当事者になるとわからないけど、周りから見ていると、批判ばっかりしてないで、お前もやってみろよ、と感じたりもします。

そうやって、批判されている人、批判している人を見ていると、ひょっとしたら、批判している人も、自分でやりたかったのかもしれないな、と思いました。

新しいことを始めて、突っ走っている人がうらやましい。

そういった感情の裏返しが、批判になったりするのかも。

さて、自分のことを振り返ると、批判されても、自分は新しいことを始められる人間でいたい。

いつまでも。

批判だけする人間になったら、終わりだな、自分の場合は。

引用元: 新しい事業や技術に欠陥はある。それでも、始めてみなければ、進歩はない。批判する側よりも、批判されながらも、実行する側でありたい。 – 竹内研究室の日記.

中国経済の「ニュー・ノーマル」? : ウォールストリート日記

中国経済の「ニュー・ノーマル」? : ウォールストリート日記: FTのコラムで紹介されていた中で、弱気アナリストは、「中国経済はまさにターニングポイントを迎えている」と指摘していました。その理由としては、中国は既に「安い労働力」というカードを使い果たし、また輸出先である欧米経済が近い将来に急速な拡大局面に入ることも考えにくい中で、中国は国中に溢れる政府主導の非効率なプロジェクトのツケを負っていかなければいけないからだ、と指摘しています。

携帯ゲームと証券会社のアナリストと行動ファイナンス : アゴラ – ライブドアブログ

携帯ゲームと証券会社のアナリストと行動ファイナンス : アゴラ – ライブドアブログ: 証券会社が所属アナリストのリサーチの対価を直接顧客に請求することはない。現在、機関投資家の株の売買手数料はDMAという機械がただ取引所に繋ぐだけのシステム(要するに機関投資家向けのネット証券)だと1ベーシス・ポイントを下回る。つまり売買代金の0.01%以下である。ところが、証券会社のセールスは、顧客にリサーチの対価という泣きを入れて、この手数料を5ベーシスとか10ベーシスにしてもらうのである。すると不思議 なことに直接払うとすると、せいぜい焼肉を奢るぐらいのサービスが、月に何百万円、何千万円へと化けるのである。もっとも支払う側も自分のお金ではなく、 年金などで預っているお金から出すだけではあるが。それにしても、これは極めて興味深い行動ファイナンスの研究対象であろう。

No.1証券アナリストさんはLSIの技術論文も読んでいる。人がやらないところまで、深掘りするのがプロ。深掘りするから、他の人と差がつく。 – 竹内研究室の日記

No.1証券アナリストさんはLSIの技術論文も読んでいる。人がやらないところまで、深掘りするのがプロ。深掘りするから、他の人と差がつく。 – 竹内研究室の日記: 好きだから、深掘りできる。

深掘りするから、他の人と差がつく。