タグ別アーカイブ: アウトプット

プロダクトマネージャーはどんな仕事をしているのか – 小さなごちそう

私がプロダクトマネージャーとしてプロダクト開発のディレクションを行う際の、一連のプロセス(タスク)を洗い出してみた。

1. ミッションの発見

ユーザー理解(インサイトの発見と整理)

ソーシャルリスニング、アンケート、デプスインタビューの実施

関連する自社プロダクトの問い合わせ傾向の確認

他領域/同構造のユースケース発見(アナロジーによるユーザー課題推測)

インサイトの洗い出しと、キーインサイトの発見

3C分析(バリュープロポジションの導出)

ユーザー課題の発見と整理

競合調査と分析

自社の強みの把握

問題の構造理解

論点思考、仮説思考、2軸図、マトリクス図、バリューグラフなどを使った問題の整理と図式化

ファシリテーション

関係者のアイデア・気付きを引き出す

メンバーの問題理解を補助

問題vsチームの構造へ議論を誘導

Next Actionの導出

2. コア・アイデアの創出

課題解決のためのアイデア創出

アイデアの実現可能性判断

コンセプトの定義(ターゲットとバリューの言語化)

4P整合性のチェック

3. ゴールイメージの共有

プロダクトイメージの具体化

プロトタイピング(ペーパープロト)

カスタマージャーニーマップの作成

画面設計と要件定義

ビジュアルデザインのトンマナ決定

4. アウトプットのクオリティ・コントロール

コンセプトを確実に具現化する

プロダクトのレビュー(ユーザービリティ、機能性の確認) 

UIデザイナーへのディレクション(デザイン、文言の改善案提示) 

実装過程で発覚した矛盾の解決案提示(仕様や画面設計の修正案を提示)

引用元: プロダクトマネージャーはどんな仕事をしているのか – 小さなごちそう.

数字を追って記事を書かず、本質を見極めよう: やまもといちろうBLOG(ブログ)

この手の呪縛から逃れるにはどうするのか? 結論は結構簡単で、数字以外で自分のしたいことを設定すること。読まれようと努力することは大事だけど、何人に読まれたかと考え始めると、際限なく煽らなければならなくなる。煽り続けなければ、数字は維持できないから。

また、炎上は炎上として、自分なりのクオリティを気にしていれば、あまり問題にならない。いろんな炎上を見てきたし、自分自身も炎上した経験があるけれど、幾つかしっかりと気をつける点を弁えれば、そのままウェブで「生き残る」ことはできる。馬鹿やアンチは見なければいい。ただ、PVやUUに繋がるアウトプットを、と頑張り始めると、鱸 (id:copiz)さんの懸念どおり煽りありき炎上上等でないとPVは取れなくなってゆく。そして、消費される側になって飽きられていく。うまく波に乗れないと数字が取れず、書く気力が失われる。これってブログを書くのも相場を打つのも似ているんだよね。結果にはこだわりたい、でも結果に振り回されると意気消沈したり、損が膨らんだとき手が粗くなる。さらに負ける。そんな感じ。自然体、平常心が一番だと私は考えております。

引用元: 数字を追って記事を書かず、本質を見極めよう: やまもといちろうBLOG(ブログ).

首を切断された『プラナリア』は頭の再生と同時に記憶も再生される事が明らかに – アクアカタリスト

研究チームはプラナリアが餌を見つけることを覚えたことを確認した後、プラナリアの頭を切り落とし、2週間かけて完全に再生させた。そして、切断される前と同じ実験を行った。

すると、そのプラナリアは明るい場所が安全であることを覚えており、餌も安易に見つけ出すことが出来た。

つまり、脳を有する頭部が切断されたのにもかかわらず、頭部の再生したプラナリアは以前の記憶を有していたのだ。

しかし、明確な疑問が残る。

なぜ、頭を失ったのにもかかわらず、それ以前の事を覚えているのだろうか?

「我々にも見当がつかない」

Michael Levin は認めた。

「我々が知っていることはプラナリアの記憶は脳以外の外部で格納することができるということです。体細胞のどこかだと思われます。それが脳の再生と共にアウトプットされ脳に刷り込まれるのだと思います。」

「研究者たちは長い間この研究を規制してきた。しかし、これらの研究結果は他の研究に影響を与え、促進することが出来るかもしれない。我々は近い未来、体細胞にエンコードされた記憶をデコードし得る方法を見つけ出すことが出来るでしょう。」

引用元: 首を切断された『プラナリア』は頭の再生と同時に記憶も再生される事が明らかに – アクアカタリスト.

細谷功の未来に飛躍する人と組織の羅針盤 – 「会社の老化」、その兆候をチェックする:ITpro

例えば以下に挙げるような事象が「老化」の兆候です。皆さんの会社ではいかがでしょうか?

報告・連絡のためだけの会議が多い

意思決定に必要なのは前例と実績である

誰でも知っている会社名や商品ブランドを持っている

「できない理由」が得意な社員が多い

簡単な経費の使用にも複雑な承認プロセスが必要である

出世するのは現場・ラインより管理・スタッフ部門である

「何を言ったか」より「どの役職の人が言ったか」が重要である

コンプライアンス等のための「証拠作り」の仕事が多い

評価は減点主義である

現場で手を動かしているのは外注先で自社はその管理が仕事である

「得意先の課長」より「自社の社長」とのアポが重要である

ccメール等、読まないメールが大量に来る

仕事は誰がやっても同じアウトプットが出るよう「組織化」されている

「変わった人」は迫害される企業文化である

「誰が信頼できるか」より「誰が担当者か」が重要である

「言い出しっぺ」は損をする

訳のわからない規則やルールが多数存在する

他責で依存心の強い(何でも他人と会社のせいにする)社員が多い

会社全体より自部門の利益を優先させる

それでも社外向けスローガンは「顧客第一」と「イノベーション」である

引用元: 細谷功の未来に飛躍する人と組織の羅針盤 – 「会社の老化」、その兆候をチェックする:ITpro.

若いビジネスマンのエクスキューズ – Toru Takasuka の起業・経営

ちなみに、アマチュアなヤツほどアウトプットをコミットすると言う。コミットを前面に押し出すヤツでプロだったためしが無い。

根性だけは負けませんというヤツで根性があったためしが無い。人って長けたところは口にしないんだね。

引用元: 若いビジネスマンのエクスキューズ – Toru Takasuka の起業・経営.

若いビジネスマンのエクスキューズ – Toru Takasuka の起業・経営

人は存在するだけで価値を消費する。

消費する価値以上の、何らかのアウトプットで社会に還元する必要がある。よって社会は発展する。

引用元: 若いビジネスマンのエクスキューズ – Toru Takasuka の起業・経営.

結果にこだわれ。結果さえ出せばいいとは考えるな。 | DSAGA BLOG@IESE MBA

仕事で第一義にこだわるべきは結果だ。過程ではない手段でもない。結果だ。

しかし結果さえ出せばいいという考え方は違う。結果を出すことにこだわっていたら自ずと手段にも配慮をする。チームの組み方もそうリレーションの築き方もそうコミュニケーションの取り方もそう。なぜなら一人で出せる結果、他人と関係のない結果はごく限られているからだ。こだわるべき結果は個人のパフォーマンスのみに依存するものではないからだ。世の中に出したいインパクトであり、ビジョンの実現であり、それは多くの人がいて初めて成り立つものだからだ。

一方で結果さえ出せばいいという考え方は個人のパフォーマンスに閉じた考え方であることが多い。往々にしてその考え方は個人を離れたところでの結果を損なう。自分のみにこだわり自分の好きにふるまいアウトプットをだしてもそれを引き継ぐ人がいないからだ。それを喜ぶ人がいないからだ。

自分が出したい結果が大きいほど、必要なものを考え、それらを大切にしなくてはならない。そして、自分の出したい結果が大きい程、必要なもの、大切にするべきものは案外多い。自分が結果を出したシーンを思い浮かべた時にそこに他人がひとりでもいればそれだけで大切にするべきものは自分だけではなくなる。

引用元: 結果にこだわれ。結果さえ出せばいいとは考えるな。 | DSAGA BLOG@IESE MBA.

カツマーブームを作った勝間和代が語る終わコン本「「有名人になるということ」」書評 – Future Insight

カツマーブームを作った勝間和代が語る終わコン本「「有名人になるということ」」書評 – Future Insight: 流行すると、日本ではおよそ2年でレイトマジョリティまでコンテンツは流通する
この時に当の本人が忙しくなると、コンテンツのアウトプットの質が下がる
一人のコンテンツを3から5個消費すると、だいたいの人はお腹いっぱいになる

自己投資 – 愛の日記 @ ボストン

自己投資 – 愛の日記 @ ボストン: 特にアウトプットがないなら趣味の消費に等しいという事実

15秒で訓練なしにできる記憶力を倍増させる方法 読書猿Classic: between / beyond readers

15秒で訓練なしにできる記憶力を倍増させる方法 読書猿Classic: between / beyond readers: では「15秒待つ」ことを組み込んだ記憶法の4つあげよう。
 4つというのは2種類のインプット(聞く/読む)と2種類のアウトプット(言う/書く)を掛け合わせた数である。
 どれもシンプルな方法なので、いろんな記憶技法や記憶方略と組み合わせることも簡単である。

(1)delayed repetition 聞く→言う

 時間差復唱。
 耳で聞いた情報(たとえば単語や文)を、15秒待ってから、復唱する。
 
 
(2)delayed dictation 聞く→書く

 時間差ディクテーション。
 耳で聞いた情報(たとえば単語や文)を、すぐに書き留めるのでなく、15秒待ってから、書き出す。
 

(3)delayed copying 読む→書く

 遅延写経。
 読んだ情報(たとえば文字や単語や文や数式など)を、すぐに書き写すのでなく、15秒間待ってから、何も見ずに書き出す。

(4)Read & look-up 読む→言う

 時間差音読。
 読んだ情報(たとえば文字や単語や文や数式など)を、すぐに発音/発声するのでなく、15秒間待ってから、何も見ずに唱える。