タグ別アーカイブ: たんぱく質

赤外線でがん狙い撃ち 米研究所、新治療法の臨床試験へ:朝日新聞デジタル

人体に無害な光(近赤外線)を当ててがん細胞を壊す新しい治療法を米国立保健研究所(NIH)の小林久隆・主任研究員らが開発し、患者で効き目を調べる治験(臨床試験)を近く始める。光を受けると熱を出す特殊な化学物質をがん細胞の表面に結びつけ、がんだけを熱で狙い撃ちする。

この治療法は「光線免疫療法」。小林さんらが2011年、マウス実験だと8割でがんが完治したと発表。副作用が少ない新治療法になると注目を集め、オバマ大統領が翌年の一般教書演説で取り上げた。今年4月末、米食品医薬品局(FDA)が治験を許可。通常、動物実験から治験開始まで早くても5年以上はかかるとされており、今回は異例の早さだという。米製薬ベンチャーと組んで準備を進め、新興企業に投資するベンチャーキャピタルなどを通して約10億円の資金も確保した。

治験ではまず、近赤外線を受けて発熱する化学物質を、特定のがん細胞に結びつくたんぱく質(抗体)に結合させた薬を患者に注射する。最初は、首や顔にできる頭頸部(とうけいぶ)がんの患者10人前後で、近赤外線を当てずに副作用などがないことを確認。その後、患者20人前後で、近赤外線を当てて効果を調べる。3~4年後にがん治療薬として米国での承認を目指す。

引用元: 赤外線でがん狙い撃ち 米研究所、新治療法の臨床試験へ:朝日新聞デジタル.

母乳成分が「脂肪燃焼遺伝子」をオンに NHKニュース

母乳に含まれる脂肪酸が子どもの体内で脂肪を燃やす遺伝子のスイッチを入れる働きをしていることを、東京医科歯科大学などのグループがマウスを使った実験で突き止めました。ヒトにも同じ仕組みがあるとみられ、グループは、乳児期に必要な量、脂肪酸を摂取することが糖尿病など生活習慣病の予防につながる可能性があるとみています。東京医科歯科大学の小川佳宏教授らのグループは、生後まもないマウスの赤ちゃんと母乳で半月余り育てた赤ちゃんで、脂肪の燃焼に関連する3つの遺伝子の状態を比較しました。その結果、母乳で育てたマウスの赤ちゃんでは、3つの遺伝子のいずれにも、遺伝子のスイッチの役割をするたんぱく質に母乳に含まれる脂肪酸が結合し、スイッチをオフからオンの状態に変えていました。また、その結果、遺伝子の活動量も、生後まもない赤ちゃんに比べ、2倍から4倍活発になっていました。グループによりますと、ヒトにも同じ仕組みがあるということで、スイッチをオンにできないと体内に脂肪がたまりやすくなり、糖尿病など生活習慣病のリスクが高まることも考えられるということです。小川教授は「母親の健康状態によっても脂肪酸の量は変わるので、それが子ども

引用元: 母乳成分が「脂肪燃焼遺伝子」をオンに NHKニュース.

テロメア:「老化時計」抑制の仕組み解明 関学大グループ – 毎日新聞

動物の細胞には分裂回数に限りがあり、寿命がある。これには染色体の末端にある「テロメア」と呼ばれる部分が深く関係しており、細胞分裂の度にこの部分が少しずつ失われていく。通常は長さが半分程度になると分裂を停止するが、多くのがん細胞では「テロメラーゼ」というテロメアDNAを維持する酵素が働いてテロメアが失われず、決められた回数が過ぎても細胞分裂が続く「分裂回数の監視を逃れた状態」にある。

そこで田中教授の研究グループは、老化防止や抗がん剤開発のため、酵母菌を用いてテロメアの長さを一定に保つ仕組みの研究を行ってきた。今回、不用たんぱく質を選んで分解する目印役になるたんぱく質(ユビキチン)に似たたんぱく質(SUMO)が、テロメアが長くなり過ぎないように働きかけていることなどを解明したという。

田中教授は「今回の発見は酵母菌での現象であるが、テロメアは人間の細胞と酵母菌で驚くほど似ている。新たな抗がん剤の開発や老化を防ぐ研究へと発展していくことを期待している」と話している。

引用元: テロメア:「老化時計」抑制の仕組み解明 関学大グループ – 毎日新聞.

記憶力低下原因のたんぱく質特定 NHKニュース

この研究を行ったのは、ノーベル医学・生理学賞を受賞したコロンビア大学のエリック・カンデル教授の研究グループです。

研究グループでは、33歳から89歳までの男女18人の脳のうち、記憶に関わる海馬という領域に注目し、詳しく調べました。

その結果、老化に伴って「RbAp48」というたんぱく質の量が次第に減っていることが分かったということです。

さらに、ネズミを使った実験で、遺伝子を操作して、脳の中でこのたんぱく質の量を増やしたところ、生後15か月の年老いたネズミの記憶力が生後3か月ほどの若いネズミと同じ程度にまで回復したということです。

研究グループは、ネズミでの実験結果が人にそのまま当てはまるかどうかについては、さらなる研究が必要だとしていますが、「老化による記憶力の低下は改善できる可能性がある」としています。

引用元: 記憶力低下原因のたんぱく質特定 NHKニュース.

末期がん激痛の原因突き止めた…福岡大チーム : 科学 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

末期がんなどの際に神経が傷ついて起きる「神経障害性疼痛(とうつう)」という激痛の原因を動物実験で突き止めたと、福岡大学の高野行夫教授(薬理学)らが英科学誌電子版に21日発表した。

脊髄で「CCL―1」というたんぱく質が増えるのが原因だという。この疼痛にはモルヒネなどの鎮痛剤が効きにくいが、新たな治療法につながると期待される。

マウスの座骨神経を縛って激痛を再現したところ、脊髄のCCL―1が通常の2倍に増加した。また、正常なマウスの脊髄にCCL―1を注射すると、通常は激痛を感じた時に示す動作を、少しの刺激でも見せるようになった。

一方、CCL―1の働きを妨げる物質をあらかじめ注射しておくと、激痛を感じなくなる予防効果があることも確認した。

引用元: 末期がん激痛の原因突き止めた…福岡大チーム : 科学 : YOMIURI ONLINE(読売新聞).

氷から水、きっかけ解明=結晶構造崩壊を計算―総研大など (時事通信) – Yahoo!ニュース

岡山大の松本正和准教授や分子科学研究所(愛知県岡崎市)の大峯巌所長との共同研究で、さまざまな化学物質の構造や水を含むたんぱく質の構造が変わる仕組みを解明するのに役立つという。

水分子は小さな水素原子2個と大きな酸素原子1個から成る。固体の氷では、分子が六角形の網を構成するように整然と並んでいる。

しかし、温度が上昇すると分子が揺らぎ出し、分子同士の結合が切れて六角形の形が崩れる所が現れる。望月さんらはこの結合の切れ方に注目し、分子間に働く力の計算を繰り返した。

分子が揺らいで結合が切れ、六角形の形が崩れても、初めのうちはすぐつながって元に戻る。しかし、温度上昇で揺れがひどくなると、つながる際に間違った分子の組み合わせが発生してしまい、連鎖的に組み替えが起きて結晶構造が崩壊することが分かった。

引用元: 氷から水、きっかけ解明=結晶構造崩壊を計算―総研大など (時事通信) – Yahoo!ニュース.

アトピー:皮膚の炎症、カビが原因 広島大- 毎日jp(毎日新聞)

汗がアレルギーを引き起こすことは分かっていたが、具体的にどの物質が原因かは分かっていなかった。研究グループが人間の汗に含まれる物質を分析したところ、かゆみを起こす物質「ヒスタミン」が放出される際、カビの一種の「マラセチアグロボーザ」が作り出すたんぱく質が炎症に関わっていたことが分かった。このカビは、健康な人間の皮膚にも存在し、作り出されたたんぱく質は、ごく微量でもアレルギー反応を引き起こすという。

引用元: アトピー:皮膚の炎症、カビが原因 広島大- 毎日jp(毎日新聞).

朝日新聞デジタル:人工クモ糸、量産技術を開発 鋼鉄より強い「夢の繊維」 – 経済・マネー

クモ糸は、鋼鉄より4倍ほど強く、ナイロンより柔軟なことから「夢の繊維」と言われる。だが、クモは縄張り争いや共食いが激しく、蚕のように人工飼育できないため、工業化は困難とされてきた。

開発したのは鶴岡市のスパイバー(関山和秀社長)。単純な微生物にもクモ糸のたんぱく質が作れるよう合成した遺伝子をバクテリアに組み込んで培養し、たんぱく質を生成。紡績技術も確立し、合成クモ糸の量産を可能にした。繊維は「QMONOS」(クモの巣)と名付けた。関山社長は「自動車や医療などあらゆる産業で利用できる。石油に頼らないものづくりの大きな一歩だ」と話した。

引用元: 朝日新聞デジタル:人工クモ糸、量産技術を開発 鋼鉄より強い「夢の繊維」 – 経済・マネー.