タグ別アーカイブ:

山崎製パン | ヤマザキからのお知らせ パンのカビ発生メカニズムと保存試験の結果について

食パンは、およそ38%前後の水分を含有しており、細菌が増殖しやすいかどうか判断する目安となっている水分活性値(注1)でみますと、食パンの水分活性値は0.96とカビの生えやすい食品といえます。

食パンの製造は、通常200~250℃で30~40分間の焼成工程があり、その際の中心部の温度は95℃を超えカビは焼成により死滅するため〔但し小麦由来の耐熱性菌(枯草菌)の芽胞は死滅せず残存しますので、焼成後の温度管理を適切にする必要があります〕、焼成後カビ胞子が付着することによりカビの生育が始まります。

焼成後の冷却、スライス、包装工程で空気中に浮遊するカビ胞子等が、食パンに付着しますが、お買い求めいただいてから袋の開封後において、手で触れることなどでカビ胞子が付着することもあります。

空気中には浮遊カビがありますので、焼成後の製造環境の清浄度合、清潔度合が食パンのカビ発生に大きく影響します。このようなことから逆に、カビ胞子が全く付着しないものにはカビの発生がありません。

引用元: 山崎製パン | ヤマザキからのお知らせ パンのカビ発生メカニズムと保存試験の結果について.

市販の釣り糸をより合わせただけで、最強の人工筋肉ができあがった ―Science誌 – | Technity

この人工筋肉、作製方法は非常に単純。まず、釣り糸をモーターの軸に結びつけ、絡まらないように調整しながらモーターを高速回転させることでネジリを作ってゆきます。(以下の各図はYoutubeから引用)

どんどんと回転させてゆくと、ねじられた釣り糸が片側からクルンと巻き取られるようにコイル状になってゆきます。

このコイル状の巻取りを反対側の端までより合わせ、最後に150℃に設定したヒートガンを使ってねじりがほどけないよう表面を軽く加熱すると完成です。

artificial-muscle-from-fishing-line-03

出来上がったものの写真は以下。太い方から、2.45mm, 860μm, 280μm, 150μmのナイロン糸を使用しています。

これらのフィラメントは温度変化に伴って伸び縮みするようになっており、温度が上昇すると縮み、冷却するとただちに元の長さに戻るようになっています。

この釣り糸から作られた筋肉繊維は、人間の筋肉と比べて100倍もの荷重に耐え、発揮するパワーも100倍相当に達するとのこと。さらに、人間の筋繊維では元の長さの20パーセント程度しか伸長しないのに対し、今回開発されたものでは最大で50パーセントもの伸長に耐えるとしており、力強さと柔軟性という相反する特性を同時に実現することに成功しています。

これまでにもポリマーを利用して人工筋肉を作製する研究は数多く行われてきていますが、これほどまでに安価かつ簡単に製造可能で、かつ強力なパワーを発揮するものは初めてであるとのこと。

引用元: 市販の釣り糸をより合わせただけで、最強の人工筋肉ができあがった ―Science誌 – | Technity.

脳低温療法 – Wikipedia

脳低温療法(のうていおんりょうほう)とは、脳が障害を受けた際に脳の障害がそれ以上進行することを防止するため、体温を低く保つ治療法のことで、人為的に低体温症を引き起こさせるものである。低体温法ともいう。

通常、脳が重大な障害を受けた際には脳組織に浮腫が起こるほか、カテコールアミンやフリーラジカルなどが放出され、進行的に組織が破壊されていく。救急の脳障害においては、この進行的な脳組織の破壊を抑制することで救命率・機能予後の向上が見込まれ、またそれを抑制する事が重要な課題となっている。

体温を35度以下に下げようとすると、通常は、全身の筋肉の収縮を繰り返して冷えすぎた体を元に押し戻そうとする、シバリングという生体防御反応が起こり、放っておくと患者は体力を消耗しきってしまう。そこで、脳低温療法では、まず全身麻酔薬、筋弛緩薬等を患者に投与した後に、水冷式ブランケットなどを用いて患者の体温を31〜33℃程度に下げることで、代謝機能を低下させて、脳内での有害な反応の進行速度を抑え、組織障害の進行を抑制している。頭部外傷のほか脳出血・クモ膜下出血・蘇生後脳症などに適応がある。

一般的に極度の低体温症では、心肺活動が停止したり意識喪失が起こる訳だが、本療法ではそこまで体温を低下させず、軽い意識低下や心拍数の減少を招く程度であるが、寸秒を争う救急医療では、僅かな違いでも予後に格段の差となって現れる。

同療法は、問題発生(事故による負傷や発症)から6時間以内に行われるものとされる。また同療法と並行して外科的な措置や投薬といった様々な治療法が行われるものとされる。

引用元: 脳低温療法 – Wikipedia.

やけどを防ぐストロー – 革新的発明と製品情報

下部が特別な素材で作ったストロー。水温が50℃以上になると、内に膨張してストローを詰めて、喉をやけどしてしまうことを防ぐ。適切な温度に下げれば、もとの状態に戻すことができる。

引用元: やけどを防ぐストロー – 革新的発明と製品情報.

気温・湿度・風などの気象と売れる商品の関係は? | Food Watch Japan

昇温商品と降温商品について、さらに気温何℃以上、あるいは何℃以下で売れ行きが伸びるかの情報を出してもらいました。以下の表はその商品/気温の例です。

●商品が売れ始める気温(ライフビジネスウェザーの考え方に基づいて作成)

昇温商品と最高気温 かき氷 32℃以上 降温商品と最低気温 おでん 18℃以下

アイスクリーム 25℃以上 シチュー 16℃以下

ビール 25℃以上 日本酒 15℃以下

すいか 24℃以上 コーヒー 15℃以下

ぶどう 24℃以上 鍋料理 15℃以下

メロン 23℃以上

牛乳 23℃以上

ざるそば 22℃以上

アイスコーヒー 20℃以上

引用元: 気温・湿度・風などの気象と売れる商品の関係は? | Food Watch Japan.

自然エネルギー:水素を常温で「液化」、大量水素社会へつながるか – スマートジャパン

2013年には同社の子安オフィス・リサーチパーク(横浜市神奈川区)に有機ケミカルハイドライド法による「大規模水素貯蔵・輸送システム」実証実験用のプラントを建設、2013年5月末には、実証実験に成功したと発表した。水素の大量輸送や長期貯蔵が商業ベースで可能だと主張する。

同社が使ったのは「トルエン(C7H8)」と「メチルシクロヘキサン(MCH、C7H14)」だ。図1の中央に描いたトルエン1分子に水素3分子を加えると、発熱しながら図1の左にあるMCHに変化する。これが水素の貯蔵に相当する。この逆の反応で水素を取り出すことができる。しかし反応が起こりにくいため、脱水素触媒を使う。

yh20130604Chiyoda_reaction_400px.jpg 図1 水素をトルエンに貯蔵し、取り出す反応

トルエンは工業用原料として大量に使われている物質だ。入手も容易であり、工業上の取り扱い方法が確立している。トルエン、MCHとも沸点は100℃程度なので、常温では液体だ。特別な液化処理は必要ない。

実証実験プラントは1時間当たり50Nm3の水素を発生する能力があり、容量20m3のMCHタンクに約1万Nm3の水素を貯蔵できる。これは1週間分のタンク容量に相当する。

引用元: 自然エネルギー:水素を常温で「液化」、大量水素社会へつながるか – スマートジャパン.

あの「マクドナルド」は速やかに冷めて乾いたはず | Food Watch Japan

「微生物は、60℃以上を好む好熱菌を除くと、20℃以下を好む低温性菌、30℃~38℃を好む中温性菌、55℃~65℃を好む高温性菌にざっくり分けることができますが(※)、このプロセスで、中温性菌と高温性菌のリスクは相当に下げられたはずです。この2つのやばいところを速く通過する一方、早く自由水を失って結合水だけの状態になれば、見た目に腐っていないハンバーガーとフライドポテトを得ることは比較的容易だったと考えられます」

引用元: あの「マクドナルド」は速やかに冷めて乾いたはず | Food Watch Japan.

本の虫: NAND Flashメモリーを加熱して再生

本の虫: NAND Flashメモリーを加熱して再生: NAND Flashメモリーのセルは、250℃まで加熱すれば再生することが分かっている。問題は、各セルを加熱する方法がないことだ。

そこで、回路内に局所的にセルを800℃まで加熱するヒーターを設ける実験が行われているらしい。

“寒い”と“風邪を引く”の因果関係を調べてきた! | web R25

“寒い”と“風邪を引く”の因果関係を調べてきた! | web R25: 風邪の病原は、80~90%が約200種類あるウイルスによるもので、インフルエンザも同様です。その多くは、気温が15℃以下になると活発に働くという性質があり、また、湿度が40%以下になると空気中を漂う時間が長くなるので、寒くなると風邪を引きやすくなるのです。また、体温が平熱より1℃下がると、体内で病原と戦う白血球の機能が30%低下するといわれていることからも、寒い季節は風邪を引きやすいといえるでしょう