タグ別アーカイブ: σ

クロノスタシス – Wikipedia

クロノスタシス(英:Chronostasis)は、サッカードと呼ばれる速い眼球運動の直後に目にした最初の映像が、長く続いて見えるという錯覚である。名前はギリシア語の「クロノス」(時間、χρόνος)と「スタシス」(持続、στάσις)に由来する。クロノスタシスのよく知られる例として「時計が止まって見える錯覚」がある。アナログ時計に目を向けると、秒針の動きが示す最初の1秒間がその次の1秒間より長く見えるというものである[1]。

眼球がサッカード運動をするとき、時間の認識は僅かに後に伸びる[2]。そして観察者の脳は、実際よりもわずかに長い間時計を見ていたと認識し、秒針が1秒間以上固まっていたという錯覚を生む。実は、見ている方向がある点から次の点へ移動するたびにこの現象が起きているのだが、われわれがそれに気付くことはほとんどない。説明の一つは、見る方向が移動する際の時間の隙間を脳が埋めているというものである。

実験によると、おそらく、サッカードがあるにも関わらず脳が連続した意識体験を構築しようとすることで、この錯覚は引き起こされる[2]。この現象はあらゆる眼球運動によって生じるが、何か時間を計れるものがある場合に顕著になる。

クロノスタシスは、視覚的な観察でしか起こらないわけではなく、聴覚刺激でも認識される[3]。

引用元: クロノスタシス – Wikipedia.

「平均気温2度の上昇で、集団間暴力が50%以上増加」 « WIRED.jp

論文によると、「気温が上昇する、または降水量が異常な値を示すというかたちで、気候が1標準偏差(1σ)変化するごとに、個人間暴力の発生頻度は4%、集団間紛争の発生頻度は14%上昇するという予想中央値が示された」という。(27件のデータ研究から)近年において気候と暴力性との相関関係がみられた事例としては、干ばつの時期にインドとオーストラリアで家庭内暴力が増加し、猛暑の時期に米国とタンザニアで暴行と殺人が増加した。また気温上昇は、ヨーロッパと南アジアにおける民族間抗争、および熱帯地域における内戦の発生に関連づけられた。内戦の発生頻度は、エルニーニョ現象で暑さと乾燥が激しくなると2倍に上昇した。ブラジルでは、異常な乾燥または多雨の年には農民による農地の奪い合いが発生した。個人から国家レヴェルに至るまで、その行動は秩序や体制の崩壊を引き起こすほど大きく変化するおそれがある。実例として、異常気象のもとでは政府が崩壊したり、そこまで大規模でなくとも、オランダで警察の武力行使が増えたりしている。ただし、極端な気候の変化がもたらす現象として最も多いのは、発生率が14%上昇する集団間紛争であるとみられる。ただ、このメ%

引用元: 「平均気温2度の上昇で、集団間暴力が50%以上増加」 « WIRED.jp.