月別アーカイブ: 2017年3月

てるみくらぶ騒動から見る日本式パッケージツアーの終わりの始まり – 夫婦でプーケット移住

『3月1日、8日、15日、22日、29日催行予定!』今時、これが全部出発するなんてありません。大体1本か2本くらいしか出せません。何本設定して何本出せるかというのを業界用語で催行率と言います。業界的に言えば50%越えればヒットツアーといったところです。結果この煽りを受けるのは、現地です。例えば、2日前のキャンセルでお客さんから少ししかキャンセル料金をもらってないから、どうにか安くしてくれと言われます。そんなことを当日や2日前に言われても手遅れです。現地では現地のルールに則って取引しています。

引用元: てるみくらぶ騒動から見る日本式パッケージツアーの終わりの始まり – 夫婦でプーケット移住.

機械学習をやると、AIより人間の方が詳しくなる現象 – bohemia日記

機械学習をやろうとすると、作業時間の8割ほどはデータセットの加工に費やされることになります。 データ分析の分野でもそうですが、そのデータのドメイン知識がないとうまくいきません。であるならば、自分の興味のある分野でデータセット作成から行うことが、機械学習を学ぶコツだと思っています。

引用元: 機械学習をやると、AIより人間の方が詳しくなる現象 – bohemia日記.

伊予市長:退職金22円…本来なら1909万円超 – 毎日新聞

愛媛県伊予市議会は17日、武智邦典市長(60)の任期満了日(4月23日)の給料月額を1円とする関連条例案を賛成多数で可決した。武智市長は「退職金ゼロ」を公約に掲げて初当選を果たしたが、法的に不可能だったため、最少額にする案を提出していた。本来は1909万9200円だった退職金は、22円となる。

引用元: 伊予市長:退職金22円…本来なら1909万円超 – 毎日新聞.

外来スズメバチの巣、激減 ペットボトルのわな作戦奏功:朝日新聞デジタル

環境省の調査では、対馬市の巣の数は13年度に56個、14年度に150個、15年度に259個と増え続けた。そこで、同省は発酵させた乳酸菌飲料入りのペットボトルに弁のような穴を開け、巣を作る女王バチをにおいでおびき寄せるわなを発案。昨春、地元住民に作製を依頼し、島内約2400カ所に設置した。

16年度の調査では、確認された巣は49個まで減った。住民の報告などから、7千~1万2千匹の女王バチを捕獲・駆除したとみられるという。このわなは100円ほどで作ることができ、数千円はする市販の捕獲器よりも安く済む。穴の大きさ(1・2センチ四方)はこれまでの実験を踏まえ、ツマアカスズメバチが最も入りやすいとみられる大きさにした。環境省は、対馬以外の地域でも大規模な繁殖が確認されれば「対策のモデルとして、この手法での捕獲・駆除を検討する」という。

引用元: 外来スズメバチの巣、激減 ペットボトルのわな作戦奏功:朝日新聞デジタル.