イギリス プラスチックで作った紙幣流通始まる | NHKニュース


イギリスでは薄いプラスチックの素材で作られた新しい5ポンド紙幣の流通が始まり、ロンドン市内のATMの前では、市民が早速使い心地を確かめていました。

イギリスの中央銀行にあたるイングランド銀行は、水や汚れに強く、紙よりも破れにくいプラスチックを薄く伸ばしたプラスチックフィルムを使った紙幣の導入を段階的に進めることにしており、13日、日本円で675円に相当する5ポンド紙幣の流通が始まりました。

新しい紙幣の裏面には、第2次世界大戦中、イギリスを率いたチャーチル元首相の肖像があしらわれ、大きさもこれまでの紙幣より15%ほどこぶりになっています。紙幣は一部が透明になっているなど新たな偽造対策が施され、使用できる期間もこれまでの2.5倍の5年に延びるということです。

イングランド銀行は声明で、「偽造しにくく安全なうえ、洗濯機で洗っても破れることはない。耐用年数が延びたので紙幣を発行する費用も削減できる」と導入の効果を説明しています。

ロンドン市内のATMで新しい紙幣を手にした市民からは、「紙のものよりも強そうでいい」といった声や「表面がつるつるしていて落としそうで心配だ」といった声が聞かれました。イングランド銀行は、来年夏には10ポンド、2020年には20ポンドを、それぞれプラスチックフィルムの紙幣に切り替えることにしています。

引用元: イギリス プラスチックで作った紙幣流通始まる | NHKニュース.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>