月別アーカイブ: 2016年4月

技術革新がもたらす鍼灸治療の未来 – 札幌訪問型鍼灸治療院つちだ

そんな文才の無い鍼灸師の生き残る道として参考になるのは「お坊さん」ではないだろうか。

もしお坊さんが機械化したならば、お経はmp3でいつでも読経できるし、声だって石川さゆりさんの読経のほうが、亡き父も喜ぶと思う。

しかし、たとえオリエント工業やサイバーダインがUSB内蔵で読経してくれる美女ロボットを作ったとしても、お坊さんに代わることはできないだろう。その理由として、機械は精神世界や霊界については理解しない。と考えているからだ。

鍼灸師も、針やお灸を通して霊界と交信できる技術を身に着けたほうが良いかもしれない。

引用元: 技術革新がもたらす鍼灸治療の未来 – 札幌訪問型鍼灸治療院つちだ.

東芝、中国メーカーに白物家電事業を売却 「東芝」ブランドは40年間使用可能 – ITmedia ビジネスオンライン

東芝は3月30日、白物家電事業を中国の美的集団(Midea Group)に約537億円で売却する最終契約を結んだと発表した。美的は東芝ブランドを今後40年間使用でき、白物家電事業を継続。従業員の雇用も維持する。

東芝の家電

白物家電事業を担う東芝ライフスタイル(TLSC)について、テレビなど映像事業を東芝本体に移管した上で、株式80.1%を美的に譲渡。TLSCや、TLSC子会社の東芝コンシューママーケティングなどは6月30日付で美的の傘下に入る。

東芝ブランドは継続するほか、TLSCは社名も変更せず、冷蔵庫や洗濯機などの開発・製造・販売を継続。TLSCグループ全従業員の雇用も維持することで合意した。

東芝の家電事業売上高は2014年度(連結)に2254億円。美的集団は1968年設立で、2014年の売上高は約2兆7600億円。

引用元: 東芝、中国メーカーに白物家電事業を売却 「東芝」ブランドは40年間使用可能 – ITmedia ビジネスオンライン.

宇宙ゴミ除去めざすベンチャーに34億円 産業革新機構:朝日新聞デジタル

官民ファンドの産業革新機構は1日、人工衛星などと衝突事故を起こす宇宙ゴミ(スペースデブリ)の除去をめざすベンチャー「アストロスケール」に3千万ドル(約34億円)を出資すると発表した。宇宙ベンチャーへの出資は初めて。同社は強力な粘着材を持つ人工衛星を打ち上げて宇宙ゴミに接着させ、もろとも大気圏に落として燃やす計画を進めており、試作機を2018年に飛ばす予定。機構は宇宙ゴミの除去が有望なビジネスになるとみこんでおり、日本企業がこの分野で世界をリードできるように支援する。

宇宙ゴミは、活動を終えた人工衛星やロケットの破片のこと。宇宙空間に億単位で存在する。秒速7.5kmの速さで地球の周りをまわっており、直径1cmの宇宙ゴミでも、ぶつかればロケットの機体に穴を開けてしまうという。各国の国際機関などが宇宙ゴミの効果的な除去方法を研究しているが、解決方法は確立されていない。

宇宙開発が進むにつれ、宇宙ゴミの除去がビジネスになると考えた元大蔵官僚の岡田光信氏が、13年に同社を設立した。本社をシンガポールに置く一方、衛星の研究開発拠点を昨年、東京に開いた。

同社は今回、別のファンドからも500万ドルの出資を仰ぎ、機構分とあわせて計3500万ドル(約40億円)の資金調達に成功した。

引用元: 宇宙ゴミ除去めざすベンチャーに34億円 産業革新機構:朝日新聞デジタル.

弁護士陰茎切断裁判「夫は3匹目の猫」被告妻が証言 – 社会 : 日刊スポーツ

男性と不倫関係だった被告の妻の供述調書が読み上げられ、12年に被告と結婚したことについて「実家にいるのが窮屈で逃げたかった。被告が大学生で収入がないが、ペットの猫が3匹いると考えればいいと思った」と証言。自身の収入だけで家計をやりくりすることに不満がたまっていたという。14年から男性の弁護士事務所で働き始めた後、仕事を失いたくないため、上司でもある男性と不倫関係になったことが説明された。次回の公判は4月14日で、被告人質問が行われる予定。

引用元: 弁護士陰茎切断裁判「夫は3匹目の猫」被告妻が証言 – 社会 : 日刊スポーツ.

日本人の宗教は「世間」 – はてな匿名ダイアリー

日本人は他国に比べ宗教に入っている人は少ないが

実は、とてつもなく巨大な宗教組織に属している。

「世間」だ。

世間教の考えはこうだ。

・「世論の流れ」に従う事が求められる

・「世論の流れ」に従うものは救われる

・「世間」に逆らうものは、フルボッコ

→生きていけなくなるほどズタボロにされる

世間とは多数派の思想である。

なので、日本人の行動は、時代によってまるで大きく変わる。

そして、宗教には逆らえず、失敗しないとそれに気がつかない。

「オラオラ、戦争だ!!アメリカぶっとばせ!!」

「オラオラ、金だ、資本主義だ、工業化だ!!」

「オラオラ、原発作っちまえ!!クリーンエネルギーだぜ!!」

引用元: 日本人の宗教は「世間」 – はてな匿名ダイアリー.

変わる首都圏の駅そば 老舗から系列へ…画一化に嘆きも:朝日新聞デジタル

昨年11月、東京のJR立川駅のホームで長く親しまれてきた「奥多摩そば」の看板が消え、近隣の駅と同じ「清流そば」に変わった。店の運営は2年前からJR東日本系列の日本レストランエンタプライズ(NRE)が担当。同社の方針で立川駅にあった4店のうち2店の名前がすでに変わり、残りも新年度中には切り替わる。

「奥多摩そば」は地元の弁当店が開店。戦後まもなくから続く濃厚な汁と、がんもどきや玉子が載った名物「おでんそば」が評判だったが、経営者が高齢で撤退した。「清流そば」でも名物メニューは残ったが、麺やつゆは変わったという。通勤時に食べていたという50代の男性は「寂しいね。以前の味が懐かしい」と惜しむ。

引用元: 変わる首都圏の駅そば 老舗から系列へ…画一化に嘆きも:朝日新聞デジタル.

奨学金の未返済率、大学別に公表へ 日本学生支援機構:朝日新聞デジタル

奨学金の貸与をしている独立行政法人・日本学生支援機構は新年度から、奨学金の返済が滞っている人の率(未返済率)を、大学や専修学校など学校別に公表すると決めた。学校側の協力も得て未返済者を減らす狙いだが、「大学のランク付けにつながる恐れがある」など反対する声も出ている。

機構によると、昨年度末時点の未返済者は約32万8千人(未返済率9%)で、滞納額は計898億円。未返済者は年収が低い傾向があるという。学校別の公表は初めてで、大学や短大、専修学校が対象。新設校など一部は対象外とする可能性がある。担当者は「学校に現状を理解してもらい、返済の周知により力を入れてほしい」と説明する。

一方、ある国立大の学長は「なぜ大学別に公表するのか理解できない。無用な順位付けにつながりかねない」。別の大学関係者も「率の悪い大学名を公にするのは見せしめのようなものだ」と批判する。奨学金問題に詳しい岩重佳治弁護士は「未返済率が大学を選ぶ材料になったり、誤ったイメージを抱かれたりする恐れもある」と指摘する。

引用元: 奨学金の未返済率、大学別に公表へ 日本学生支援機構:朝日新聞デジタル.

全産業のソフトウェア化で既存企業がさらされる脅威 | On Off and Beyond

そして、1960年の創業以来拡大し続けた音楽の殿堂、Tower Recordsも2004年に破産、2006年には事業清算となる。(Tower Recordsのリースの一部を買ったのが冒頭の写真のRasputin Musicという怪しい名前の中古CD屋である。Rasputinはその後、Rasputin Music & DVDとなり、さらに最近はRasputin Music & DVD &Booksとなって、「デジタル化したハードプロダクトの終焉の地」になっている。)

引用元: 全産業のソフトウェア化で既存企業がさらされる脅威 | On Off and Beyond.

変わる首都圏の駅そば 老舗から系列へ…画一化に嘆きも:朝日新聞デジタル

首都圏では駅そばの閉店が相次いでいる。千葉駅では2014年6月、長く続いた「万葉」が看板を下ろした。他にも味に個性があった新宿駅や池袋駅の駅そば屋が閉店。複数の駅に点在していた「喜多そば」「小竹林」など、首都圏のJR利用者にはおなじみだった店も次々に姿を消しつつある。

代わりに増えているのがNREなどJR系列会社の新店舗だ。店名を変えないで引き継いだり、駅の改装に合わせて新たに出店したり。ただ同じ会社の店だとメニューはほぼ共通で、昔から通うファンは「個性が消えた」と嘆く。

なぜ急速に入れ替えが進んでいるのか。JRの駅そばは主に、地元の駅弁会社が出店した店と、旧国鉄が余剰人員対策で展開した店の2種類あった。だが前者は駅弁事業の不振や経営者の高齢化で撤退が相次ぎ、多くはJR系の会社が後を引き継いだ。

後者もJRグループ全体の事業再編で、NREなどグループ内大手への集約が進んでいる。駅のバリアフリー化といった改装工事も、店の入れ替えを後押しした。改装を機に撤退したある業者は「駅周辺に安い飲食店が増え、小さな会社では経営が厳しくなった」と打ち明ける。

引用元: 変わる首都圏の駅そば 老舗から系列へ…画一化に嘆きも:朝日新聞デジタル.

出版界が解決できなかった流通問題を次々に解決していくアマゾン、ただしその見返りは…… | ビジネスジャーナル

「日販のweb‐bookセンターは、1点の書籍を多数在庫するところではなく、1点当たりの在庫数を少なく持って、多品種の書籍を保有しているところです。おそらく1点当たり数百冊が上限ではないでしょうか。ですので、この倉庫だけではアマゾンの膨大な数の注文には対応しきれません。そこで日販は、王子流通センターという売れ筋を大量に在庫する倉庫もアマゾンからの注文の引き当て先に加えたのです。いずれにせよ、書籍流通ではトップクラスの日販の倉庫をもってしても60%しか対応できないのですから、アマゾンの引当率が100%になることは絶対にあり得ません。だからこそ、アマゾンは出版社に直取引を持ちかけているのです」

引用元: 出版界が解決できなかった流通問題を次々に解決していくアマゾン、ただしその見返りは…… | ビジネスジャーナル.