月別アーカイブ: 2015年6月

日本のミジンコ、実はアメリカ外来種だった たった4個体から全国に どこから? 東北大発表 – ITmedia ニュース

つまり日本のミジンコは、(1)遺伝的に北米産ミジンコと同じ、(2)北米産ミジンコとの雑種だが、国内で有性生殖をした形跡がない──ことから、日本固有種ではなく北米からの外来種と結論付けた。日本の池に住むミジンコは、北米から来た4個体の雌から単為生殖だけで増え続けたクローンということになる。

ミトコンドリアDNAの変化を調べて時間的な手がかりを推定する手法(分子時計)によると、4タイプのうち西日本で採取された2タイプはごく近年のものだと分かった。一方、日本に広く分布する残り2タイプは、700~3000年前に日本に来たらしいことが推定された。

最近やってきた2タイプについては外来魚の放流などが考えられるが、ずっと以前に住み着いた2タイプの侵入ルートは謎だ。渡り鳥に付着していたのだとしら、定期的に侵入することでもっと遺伝的に多様になっているはずだという。

有性生殖には、遺伝子組み換えにより変化し続けることで寄生などに対抗するメリットがあるという説(赤の女王仮説)がある。絶対単為生殖型の生物はクローン(コピー)であり、遺伝子組み換えがないため新たな病気などに弱く、ミジンコでは約1000年で集団が寿命を迎えるという計算もあるという。日本のミジンコは雄を受け入れられないため、「もし新たな移入個体がなければ、ミジンコは日本からやがて消えてしまうことになる」という。

引用元: 日本のミジンコ、実はアメリカ外来種だった たった4個体から全国に どこから? 東北大発表 – ITmedia ニュース.

米国もメートル法へ移行を…と唱える大統領候補が登場 : ギズモード・ジャパン

ここは批判を恐れずに意見を述べましょう。我々はメートル法へと移行し、世界に巻かれることにしようではありませんか。真に国際的な一国となるうえで、これはほんの小さな一歩を踏み出すに過ぎないのですから。

CNNのインタビューに対して、こんなふうにリンカーン・チェイフィー(Lincoln Chafee)氏は語り、大統領選に向けた公約の説明を行なっていますよ。前ロードアイランド州知事のチェイフィー氏は、同じ民主党の大統領候補としては圧倒的な知名度を誇るヒラリー・クリントン氏に対して、米国の真の国際化を訴えながら対抗する構えをみせていますね。長年親しまれてきたヤードポンド法から、いざ実際にメートル法へと移行するには、多大のコストが必要とはなるものの、最終的には米国経済に多くの恩恵がもたらされることになると説いているようですよ。

なお、ほかにもチェイフィー氏は、イスラム国との戦いに、米国の一国としての力ではなく、国際連合の強化による国際的な対応を唱えるなど、いろいろと興味深い政策を打ち出しているんだとか。とはいえ、少なくともメートル法への完全移行だけは、たとえチェイフィー氏が大統領選に負けても実現させてほしいと応援したい人は、世界には多いはず。当の米国民がどう思っているかは定かではないですけどね~。

引用元: 米国もメートル法へ移行を…と唱える大統領候補が登場 : ギズモード・ジャパン.

ヒトラー作品に計5千万円 独で水彩画など14点競売 – 47NEWS(よんななニュース)

ナチス・ドイツの独裁者ヒトラーが1904~22年に描いたとされる水彩画など14点が20日、南部ニュルンベルクで競売にかけられ、中国やブラジル、アラブ首長国連邦などの収集家が計約39万ユーロ(約5400万円)で落札した。DPA通信が伝えた。

最も高い値が付いたのは、南部バイエルン州のノイシュバンシュタイン城を描いた作品で、落札価格は10万ユーロ。この作品の落札予想価格は4万5千ユーロだった。花束を描いた水彩画も7万3千ユーロで落札された。

ヒトラーは若いころ画家を志望、作品数は2千~3千点に上るという。

引用元: ヒトラー作品に計5千万円 独で水彩画など14点競売 – 47NEWS(よんななニュース).

「性欲抑えられず」大阪府警巡査長、勤務中わいせつ行為:朝日新聞デジタル

交番の業務で知り合った女性の自宅を勤務時間中に訪れてわいせつな行為をしたとして、大阪府警は10日、寝屋川署地域課の巡査長(49)を停職1カ月の懲戒処分とした。巡査長は同日付で依願退職した。 監察室によると、巡査長は昨年10月~今年1月、勤務中に50代の女性の自宅を制服姿で訪れ、複数回わいせつな行為をした。「性欲を抑えられなかった」と話しているという。 女性は昨年5月下旬、巡査長が勤務する交番に「買い物をしたときにだまされたかもしれない」などと相談に訪れた。巡査長はその後も相談に乗るためとして、今年1月までに女性宅を二十数回訪れたという。同月中旬、女性側から署に相談が寄せられて発覚した。

引用元: 「性欲抑えられず」大阪府警巡査長、勤務中わいせつ行為:朝日新聞デジタル.

藤沢市 標的型メールの抜き打ち訓練 NHKニュース

標的型メールによるサイバー攻撃を防ぐため、神奈川県藤沢市は、職員にテスト用の標的型メールを送る抜き打ち訓練を行っています。しかし、メールを開封してしまう職員も多いということで、市は職員用のパソコンがウイルスに感染することを前提とした対策を進めています。

藤沢市は去年1月、市の各課のIT担当職員160人に対し、抜き打ちでテスト用の標的型メールを送って訓練を行いました。メールには情報セキュリティー研修会への参加のお礼というタイトルが付けられ、研修会で配布した資料をダウンロードできるとするアドレスが記されていますが、研修会も、差出人の「情報推進課」も実在しないものでした。

しかし、対象者の4割近い60人余りがメールを開いてリンクをクリックしてしまったということで、訓練を行ったIT推進課の大高利夫課長は「啓発を行っても、実際に送られてくるメールは実在したり、実在しそうな組織名や内容が記されて送られてくるので完全に防ぐのは困難だと実感した」と話しています。

実際にリンクをクリックしてしまった職員は、「多少怪しいとは思ったが、研修会についてのメールはよく来るので開けてしまった」と話していました。

このため、藤沢市は、標的型メールによる攻撃を受け、仮に、職員のパソコンがウイルスに感染しても、被害が広がらないようにする対策を進めています。職員がメールやインターネットを使用する端末と、税や住民票などの個人情報にアクセスできる端末とを完全に分け、万が一の情報流出を防いでいます。

また、庁舎内のすべての端末で、ウイルスや不審な通信を検知する装置を導入していて、警報装置が作動した場合は、直ちにその端末の回線を引き抜く措置を取っているということです。

今回の問題を受けて、藤沢市は2日朝、職員3300人に対して改めて情報セキュリティ対策を強化するよう周知しました。大高課長は、「新しいマイナンバー制度では、日本年金機構とも情報をやり取りせねばならず、市民の不安を取り除くためにも機構には、安全対策を早急に取ってもらいたい」と話していました。

引用元: 藤沢市 標的型メールの抜き打ち訓練 NHKニュース.

新プロトコル「MMCFTP」、ブルーレイ1枚分を約2.4秒で転送 | RBB TODAY

国立情報学研究所(NII)は13日、長距離高速ファイル転送を可能にする新プロトコル「MMCFTP」の実証実験において、世界最速クラスの転送速度約84Gbpsで1PB(ペタバイト)のデータを安定的に転送したことを発表した。

「MMCFTP」(Massively Multi-Connection File Transfer Protocol)は、同時に多くのTCPコネクションを使用し、ビッグデータを転送できるのが特徴。ネットワークの状況(遅延の大きさやパケットロス率)に応じてTCPコネクション数を動的に調整できるため、安定した超高速転送を可能としている。

今回の実験では、情報通信研究機構(NICT)が運用する研究開発テストベッドネットワーク「JGN-X」を使用。3月27・28日に東京-大阪-石川間の100Gbps回線を往復する形で、1PB(ブルーレイディスク4万枚分)を、26時間31分55秒で転送することに成功した。これは、ブルーレイディスク1枚を約2.4秒で転送したことになるという。

引用元: 新プロトコル「MMCFTP」、ブルーレイ1枚分を約2.4秒で転送 | RBB TODAY.

日本経済に広がりつつある「老人共産圏」 | NBI-blog

よく高齢者については「市場が拡大している」という言うが、それは浅はかな勘違いも甚だしい。そこは「市場」ではなく「共産圏」なのだから、最初から市場とは呼べない代物だからだ。社会主義化が進み、官需のシェアが伸び、公共を経由するマネーが税投入される世界は「市場」ではなく、ソビエトと同じように停滞した社会主義に過ぎない。ここには利益が存在しないのだから、簡単に投資が出来る状況でもない。

ビジネスが行う投資の回収原資が利益である以上、業者に利益をよこさない老人の人口がどんなに増えても、民業に恩恵は無いのである。

引用元: 日本経済に広がりつつある「老人共産圏」 | NBI-blog.

「物資見返り、隊員と性交渉」 ハイチ女性200人証言:朝日新聞デジタル

朝日新聞が入手した、国連内部監査部の報告書(先月15日付)で明らかになった。報告書によると2014年に実施された調査に、ハイチの231人(うち男性2人)が、PKOのハイチ安定化派遣団(MINUSTAH)の隊員との「取引の性交渉」を認めた。地方の女性は飢餓のほか、住居や乳児用品、薬などの不足が隊員との関係のきっかけになることが多かった。都市部の女性は装飾品や洋服、テレビ、高価な下着、ノート型パソコンなどを受け取っていたという。

ハイチでは10年の大地震で30万人以上が死亡、150万人が住居を失った。3月末時点で7千人以上のPKO隊員が駐留している。

性的な搾取問題で証言が多いのは、ハイチのほか、リベリアや南スーダン、コンゴ民主共和国のPKO部隊。リベリアでは18~30歳の女性489人への調査で、25%以上がPKO隊員との取引の性交渉を証言したという。国連は隊員に対し、支援物資などを見返りとした性交渉と、18歳以下との性交渉を禁じている。

報告書は「取引の性交渉は常態化している」と警告している。国連のデュジャリック報道官は10日の会見で「国連事務総長は、この問題でいかなる違反も許さない立場を決意している」と述べた。

引用元: 「物資見返り、隊員と性交渉」 ハイチ女性200人証言:朝日新聞デジタル.

英国で1年間にわたる実験が終了「公共図書館での電子書籍貸し出しは、購入につながらない」 – ITmedia eBook USER

英The Booksellerによると、図書館団体Society of Chief Librariansと出版社団体Publishers Associationが2014年3月から行なっていた図書館での電子書籍販売実験が終了したとのこと。

この実験調査は英国内の公共図書館数カ所で行われたもので、電子書籍の貸し出しページに購入ボタンも用意し、電子書籍購入の誘導媒体として図書館が有用かどうか調査。結果、電子書籍ユーザーは総じてIT知識が高く、電子書籍購入ボタンをクリックしたのは1%以下だったとのこと。

この実験結果を受け、書店組合Booksellers AssociationのTim Godfray代表は「公共図書館での電子書籍貸し出しは、地元書店にとって脅威であることがより明確になった」とコメントしている。

引用元: 英国で1年間にわたる実験が終了「公共図書館での電子書籍貸し出しは、購入につながらない」 – ITmedia eBook USER.

新しいMacBook向けのUSBハブ – 革新的発明と製品情報

新しいMacBookで使えるUSBハブ「Hub+」。MacBookとマッチするデザインを持って、2ポートのUSB-Cや3ポートのUSBやMini Display PortやSDXCカードスロットなどを備えて、さらに400mAhのモバイルバッテリーを内蔵し、デバイスに充電することができて、実用性が高そう。

引用元: 新しいMacBook向けのUSBハブ – 革新的発明と製品情報.