月別アーカイブ: 2014年7月

大阪の高校生:ムシ触れない6割 25年で倍増 – 毎日新聞

昆虫を素手で触れる高校生が激減−−大阪府内の高校の生物教諭でつくる府高等学校生物教育研究会が、府内の高校生に「昆虫に素手で触れることができるか」を聞いたところ、「できる」と回答した生徒が4割にとどまり、約25年前の7割から大幅に減ったことが分かった。都市化で幼少期に昆虫に触れる機会が減ったことを背景に、虫に嫌悪感を抱く子どもが多くなったと研究会は分析。「生き物に触れることは科学的興味や生命への慈しみを高めることにつながる。重要性を認識してほしい」と呼びかけている。

研究会は1989年からほぼ5年間隔で府内の高校の生徒に対し、身近な生き物についての認識などをテーマにアンケートしている。今回は昨年6〜7月、協力を得られた23校に通う1〜3年生5564人に実施。昆虫(チョウやトンボなど)、カエル、ヘビを素手で触れることができるか質問し、9割以上の5173人から有効回答を得た。

「昆虫に触れることができる」と回答したのは、42%の2158人。89年の調査では、回答を寄せた51校の高校生1万2474人のうち70%の8671人だった。

カエルに触れることができる生徒も38%で、89年の調査の50%から減っている。一方、ヘビは23%で、89年の24%とあまり変わっていない。

実際、幼少期に昆虫を素手で触れた経験は減っており、幼稚園児から小学生までの間に素手で昆虫を触ったことがあるのは89年が93%だったのに対し、今回は81%だった。

調査結果は、府内の全高校に配布。調査を担当した府立泉北高校の木村進教諭(61)は「虫嫌いの生徒が増えているのは全国的な傾向とみられる。親の世代も虫嫌いが増え、子どもに昆虫採集などをさせる人が減っているのではないか」と指摘した上で、「このままでは、害虫を退治することもできなくなってしまう」と危惧している。

引用元: 大阪の高校生:ムシ触れない6割 25年で倍増 – 毎日新聞.

ショック! Twitterがサポートを始めたGIFアニメはGIFではなかった―しかしうまい考え – Techcrunch

GIFとMP4の差などささいなことのように思われるかもしれないが、実は大きな違いが出る。圧縮だ。

GIFは1987年に登場し、1989年にアニメーションをサポートし始めたたいへん古いフォーマットだ。良い点はどんなデバイス、プラットフォームでも表示できるところだ。悪い点は…なにしろ30年も前のテクノロジーだけにあちこちにやつれが見えている。わずか数秒のGIFでもサイズは何メガバイトもあり、色はおそろしく悪い。

一方、ビデオ圧縮テクノロジーはこの30年で長足の進歩を遂げた。GIFに比べるとMP4は動きが2倍も滑らかで色は3倍もきれいだ。そしてファイルのサイズは4分の1だ。

つまりTwitterとしてはMP4フォーマットを使うことでプロバイダに支払う帯域料金が大幅に節約できるし、ユーザーにとってはロード待ちの時間が短縮される。

引用元: ショック! Twitterがサポートを始めたGIFアニメはGIFではなかった―しかしうまい考え – Techcrunch.

リビングルームで16億円企業を経営する女性起業家の仕事術 : ライフハッカー[日本版]

多くの人は、フレキシブルな働き方と言えばパートタイムのことだと思っています。しかし、それは一部に過ぎません。フレキシビリティは、働く時間帯、総労働時間、働く場所に及びます。働く時間帯は、パートタイムでもフレックスでもかまいません。総労働時間は月単位で決めても、シーズン単位でもかまいません。働く場所は、自宅の近くや、もちろん、在宅やリモート勤務も希望できます。

企業からは、Mom Corpsが紹介した母親たちの生産性が非常に高いとの評価をいただいています。「あなたが紹介してくれた人はフルタイムの社員よりも多くをこなしますよ!」なにも不思議はありません。母親たちは他にやるべきことがあるため、仕事に全力で集中するからです。

Mom Corpsの社員のすべてが母親ではありませんが、ほとんどがそうです。みんな自宅から、電話会議やチャットやメールを介して仕事をしています。

私は「24時間」のフルタイムで働いているようなものです。日中は常に子どもたちのために何かをしています。朝の5時とか、子どもたちが寝たあとで埋め合わせをします。私の生活は完全にフレキシブルです。子どもたちが学校から帰宅したら彼らの面倒をみます。お昼休憩の間に、赤ちゃんにキスをするために階段をかけおりることもあります。学校の行事にも出かけます。曲芸みたいな生活ですが、私はそれをうまくやれていると感じています。

引用元: リビングルームで16億円企業を経営する女性起業家の仕事術 : ライフハッカー[日本版].

イネの農薬がミツバチ大量死の原因か NHKニュース

イネの害虫の駆除に使われる農薬が、ミツバチが大量に死ぬ被害の原因となっている可能性が高いことが分かり、調査を行った農林水産省は農薬を散布する際には、ミツバチにかからないよう注意してほしいと呼びかけています。農林水産省は、全国各地で起きているミツバチの大量死が農薬の散布と関係しているのではないかという養蜂家などからの指摘を受け、ことし3月までの10か月間に全国69か所で起きた大量死の原因を詳しく調べました。その結果、全体の9割近くに当たる61か所でイネの栽培がすぐ近くで行われ、ミツバチの死骸からもイネに使われる農薬が検出されるなど農薬が被害の原因となっている可能性の高いことが分かったということです。このため農林水産省では、当面の対策として水田の近くでのミツバチの飼育はできるだけ避けることやミツバチの活動が盛んな時間帯は農薬の散布を避けるなどして、農薬がミツバチにかからないよう注意してほしいと呼びかけています。農林水産省は再来年まで調査を続けることにしていて、「検出された農薬は複数あるのでどの農薬が影響しているかさらに詳しく調べたい」としています。

引用元: イネの農薬がミツバチ大量死の原因か NHKニュース.

カリフォルニアの高校で、一部「反転授業」が導入された背景 生徒間の学力格差をワープスピードで拡大する、残酷なツール – Market Hack

アメリカの高校にはAPクラスというものが存在します。APとはAdvanced Placementの略で、大学の一般教養レベルの授業を高校で履修できることを指します。つまり優秀な生徒なら、高校の授業のレベルが低く、退屈してしまう前に、どんどん先に進んでも良いという考え方からきているのです。

APコースを履修し、APテストという修了認定試験に合格すれば、90%以上の大学がその一般教養科目の単位を「取得済み」として認めてくれます。

またAPコースは普通の通信簿の評定より高い評価が得られるので、GPA(Grade Point Average)の得点をかさ上げ出来ます。日本の「優・良・可」とか5段階評価に相当するものでA~Fのグレードがあります。

A=4

B=3

C=2

D=1

F=0

高校4年間の通信簿の点数を全部合計し、平均点を出したものがGPAになるわけです。すると、日本で言う「オール5」は、アメリカのGPAでは4.0になります。

しかし、一例としてカリフォルニア大学ロスアンゼルス校(UCLA)の2013年の入学者の平均GPAは4.29でした。するとみんな「満点以上のスコア」を取っていることになるわけです。

これはどうしてかといえばAPコースは難易度が高いので、A=4が満点ではなく、A=5点を授ける特例があるからです。

すると難易度の高い大学へ進学しようと思うと、普通のクラスを受講するだけでは駄目で、APクラスを取らないとGPAで競争できなくなることを意味します。

ただアメリカの高校生の全てが大学レベルのAPクラスを履修したいと考えているわけではもちろんありません。APクラスを進んで履修するのは、ごく一握りの生徒になります。

引用元: カリフォルニアの高校で、一部「反転授業」が導入された背景 生徒間の学力格差をワープスピードで拡大する、残酷なツール – Market Hack.

仲居さんにセンサー装着 がんこフードの「科学接客」  :日本経済新聞

着物に身を包んだ接客スタッフである“仲居さん”にセンサーを装着し、その行動を1週間記録することにした。接客スタッフそれぞれの行動データをPC(パソコン)に取り込み、3D(3次元)のコンピュータグラフィックス(CG)で再現した店舗に、スタッフの動きを可視化。POS(販売時点情報管理)データも組み合わせ、「接客スタッフがどの時間帯にどこにいて、どれだけの注文を受け付けたのか」を2011年1月に分析した。

その結果、夜の時間帯にスタッフが接客エリアにいる割合は、40%を割ることが分かった。本来なら接客に専念するはずだが、忙しさのあまり、調理場から料理を運ぶ配膳係の仕事を手伝っていたのである。

「接客時間がかなり少ない…」。結果に愕然とした現場関係者は、直ちに対策を講じた。調理場から料理を運ぶ配膳係を増員し、役割分担を改めて明確にした。

産総研と実施したセンサーによる行動分析を通して接客戦術を見直し、成果を出す

さらに午後2~5時は、注文が少ない時間帯であるという調査結果に着目。その時間帯は、接客を最小限にとどめて、夜の繁忙時間のための準備に振り向けることにした。

■接客強化で注文件数が4割アップ

改善の効果はてきめんだった。夜間の接客時間を多く取るようにしたことで、注文の件数は以前よりも約4割増えた。接客エリアの滞在時間をあえて減らした午後2~5時の注文件数も減らなかった。

調査では、接客スタッフの店内の移動距離も測定した。トータルの移動距離は、改善の前後で変わらず。スタッフの作業負担を増やさず注文の件数を拡大できたわけだ。

その後も改善活動を続けた。センサーによる接客スタッフの位置情報と、POSデータによる注文の受付件数を分析し、接客スタッフの最適な配置計画に役立てた。

引用元: 仲居さんにセンサー装着 がんこフードの「科学接客」  :日本経済新聞.

シュートの上達をアシストしてくれるボール:アディダス「miCoach Smart Ball」 « WIRED.jp

アディダスの新しいインテリジェントなサッカーボールによって、これからは、どんなに下手なプレーヤーでも自分の能力を改善できるだろう。新しいmiCoach Smart Ballはセンサーを内蔵していて、キックの速度、パワー、回転、方向、シュートの弾道を測定する。これらのデータは、専用アプリを通じて分析される。センサーによって記録された情報は、Bluetoothを通じてプレーヤーのスマートフォン、タブレットに転送される。

では、どこがイノヴェイティヴなのか?

まず、アプリ経由でプレーヤーにキックに関するフィードバックを伝え、どこをどう改善すればいいのか、アドヴァイスしてくれる(手本やレッスン、有益なヒントを与えてくれるヴィデオガイド・ライブラリーがある)。

さらにパフォーマンスを録画して、どのように改善するかをアドヴァイスし、パワーと正確さを競うゲームを提案する。同時に、ソーシャルにも目を向けている。Record Bookに自分の成績を残し、得られた結果を友人同士で共有したり挑戦したりもできる。

Adidas miCoach Smart Ballは、見た目は普通の5号球と同じだ。唯一異なるのは、充電が必要なことだ。一度の充電でキック2,000回分の持続時間(約1週間プレーできる)、1時間コンセントにつなげば完全に充電される。値段は、299ユーロだ。

引用元: シュートの上達をアシストしてくれるボール:アディダス「miCoach Smart Ball」 « WIRED.jp.

節電うたい、シール購入を勧誘 国民生活センターが注意 – 47NEWS(よんななニュース)

「ブレーカーに貼ると、マイナスイオン効果で電気代が安くなる」として、高額なシールの購入を勧誘されたとの相談が昨年から各地の消費生活センターに相次いで寄せられていることが21日、分かった。国民生活センターによると、相談者の多くが「効果がなかった」と話している。

「原発ゼロ」で迎える見通しとなった今夏は、西日本を中心に電力需給が厳しくなるとみられており、国民生活センターは「節電効果を売り物にした悪質商法が増える恐れがある」と注意を呼び掛けている。

センターによると、人にシールを紹介すると販売元から報酬がもらえるといい、マルチ商法の仕組みと酷似している。

引用元: 節電うたい、シール購入を勧誘 国民生活センターが注意 – 47NEWS(よんななニュース).

ニュース – インテルがFPGA搭載プロセッサの投入を表明、MSの要望など反映か:ITpro

米インテルが、ついにFPGAとx86プロセッサを組み合わせる手段に打って出る。プログラマブルなアクセラレータであるFPGAと、同社のサーバー用プロセッサ「Xeon」を、一つのパッケージに収めた製品を検討している。

2014年6月18~19日に米国で開催されたイベント「Gigaom Structure 2014」で、同社Data Center GroupのSVP/General ManagerのDiane Bryant氏が講演し、明らかにした。

今回のプロセッサは、データセンターに向けたものである。インテルは近年、大規模なデータセンターを持つクラウド事業者向けにカスタム化したプロセッサを提供している。2013年にはその数は15種類、2014年には30種類になるという。

今回のプロセッサは、こうしたカスタム化のニーズおよび特定のワークロードを高速化したいとのニーズを狙ったものと思われる。Bryant氏は「ソフトウエア・デファインドなデータセンターを実現するために、こうした技術が必要」と語っている。

つい数日前には、米マイクロソフトが2015年初頭に自社のデータセンターに1600個ほどのFPGAを投入する計画を発表している(関連記事:マイクロソフトがFPGAをデータセンターに投入、Bing検索を高速化へ)。今回のインテルのプロセッサも、こうしたクラウド事業者の動きを踏まえたものと言えそうだ。

引用元: ニュース – インテルがFPGA搭載プロセッサの投入を表明、MSの要望など反映か:ITpro.

たまおきのOpenStack Watch(2014年6月):OpenStackにおけるNFVの試み他、OpenStack Summit Atlantaまとめ (1/2) – @IT

OpenStackのホストOSではUbuntuが6割のシェアを持っており、Red Hatが追いかける構図があります。この状況を巻き返すために、レッドハットからは、2014年初めにRed HatとCentOSの“歴史的和解”および共同開発体制の発表がありました。また、プライベートクラウド領域でのパートナーシップの発表もありました。

引用元: たまおきのOpenStack Watch(2014年6月):OpenStackにおけるNFVの試み他、OpenStack Summit Atlantaまとめ (1/2) – @IT.