月別アーカイブ: 2013年3月

ワーキングマザーの間では「小学一年生の壁」というのがあるらしい | Kousyoublog

ワーキングマザーの間では「小学一年生の壁」というのがあるらしい | Kousyoublog: だが「小学一年生」になるころには学童保育の限界や親戚への支援に頼り続けられなくなる、あるいは仕事上の融通を利かせることが難しくなってくる(そういえば確か育児休業法の勤務時間短縮措置の対象は小学校就学前までだった)一方で、小学生になったからといって突然子供が手がかからなくなるわけでもないので、共働きに限界を感じて主にお母さんが真剣に退職や時間の融通が利くパート等への転換を検討することになる。これが「小学一年生の壁」という問題だという。

Appreciate Happiness ブータン・ブログ GNHとは(3) ブータン首相が語るGNH(国民総幸福) What is GNH?(3) Words from the Prime Minister of Bhutan

Appreciate Happiness ブータン・ブログ GNHとは(3) ブータン首相が語るGNH(国民総幸福) What is GNH?(3) Words from the Prime Minister of Bhutan: そんな普通の私たちにとって、GNHは『バランスをとる』ということ。物質的豊かさと、精神的豊かさのバランス。体と心のニーズのバランス。私にとってGNHとは、バランスをとることだと思います。

GNHで大切なのは、人間関係です。家族や共同体のレベル、例えば奥さんとでも、友人とでも、近所の人とでもいいのですが、一人一人が幸せで信頼に満ちた関係を作れるかどうか。言い換えれば、家族、社会の中で何かがあったときに、人々を助けられる自信があるかどうかということ。

ジェーン・スーは日本人です。: Vol.7 貴様いつまで女子でいるつもりだ問題

ジェーン・スーは日本人です。: Vol.7 貴様いつまで女子でいるつもりだ問題: 美味しそうなケーキと一緒に

アヒル口の大人カワイイ女子(30歳以上)が写ってる写真を見ると、

物騒な輩が深夜に集まって金ピカジャラジャラのネックレスをぶら下げ

腕に入ったタトゥーを見せびらかしてメンチ切ってる写真と同じに見える。

コンクラーヴェの群衆の動きを、数学はどのように予測するか:研究結果 � WIRED.jp

コンクラーヴェの群衆の動きを、数学はどのように予測するか:研究結果 � WIRED.jp
現在研究論文には、群衆モデルについて2つの主要な傾向が存在する。1つ目は微視的アプローチで、歩行者を一人ひとり書き出して、基本的に二次元の環境で 動く固定した小さな点として図式化していく。それぞれの点について、位置と速度が時間とともにどう変化するかを研究する。この際に歩く速度が、それぞれの 歩行者が特定の目的地にたどり着こうとする意志や、歩行者同士が起こす相互作用によって影響を受けていることを考慮に入れる。

これに対して第2のアプローチは、個々の歩行者ではなくより大規模な視点を用い、一瞬間ごとに歩行者たちを観念上は空間に配置された連続的な媒体のようなもの(例えば液体)であるかのように扱い、その密度を考察する。この場合は巨視的なアプローチとなる

フロンティアはどこにあるか

フロンティアはどこにあるか: 夢と現実を隔てる距離がものすごく縮まり、夢の実現にすっかり浸れるようになりました。フロンティアがあるのは明日ではなく、今なのです。

FRB議長:「大き過ぎてつぶせない」という認識の払拭必要 – Bloomberg

FRB議長:「大き過ぎてつぶせない」という認識の払拭必要 – Bloomberg: 「大き過ぎてつぶせないという認識をやめる必要がある」と指摘。「こうした問題や危機に対処しようと何日も深夜まで取り組んだ者として、経済の他の方面に打撃を与えることなく大手金融機関を閉鎖することは可能だという自信を私はぜひとも持ちたい」

Life is beautiful: モンゴルの人々が安倍総理の訪問に神経質になっている理由

Life is beautiful: モンゴルの人々が安倍総理の訪問に神経質になっている理由: この Comprehensive Fuel Service (CFS) プログラムとも呼ばれる「核燃料のリース・プログラム」は、「ウランを輸出して外貨を稼ぎたいなら、最終処分場を作って使用済み核燃料を引き取れ」という日米によるモンゴルへの「核のゴミ」の押しつけプログラムなのだ。

足立光の外資系日記 『負けない日本人』 : Winning Attitudes – livedoor Blog(ブログ)

足立光の外資系日記 『負けない日本人』 : Winning Attitudes – livedoor Blog(ブログ)
“Can-Do”

Winning Attitudes

CAN’T                                                                       CAN DO
誰もやったことがないから                            一番になるチャンスだ
難しすぎる                                                       どうやったらできるか考えてみよう
人手が不足だ                                                   無駄がない、適切な規模の良い組織だ!    大切だから、なんとか工面しよう
うまくいきっこない                                       とにかくやってみよう
時間がない                                                       重要だから、他の何を削れるか考えてみよう
それなら、以前にやった                               以前の経験を活かして、今度は改善してみよう
うまくいく訳がない                                       我々ならうまくやれる
時間の無駄だ                                                   可能性を考えてみよう
お金の無駄だ                                                   投資する価値があるか考えてみよう
自社製品の売上を喰ってしまうかも           他社に喰われる前に、やろう
専門的技術や知識がない                               その種の専門家を活用しよう
いつまでも終らないよ                                   競争から抜け出す方法を考えてみよう
取引先が乗り気じゃない                               取引先にメリットを見せてやろう
もう充分じゃないか                                       常に改善の余地あり
資金不足だ                                                       削減出来るものがあるはずだ
場所がない                                                       仮の場所ならあるかも
絶対ダメだ                                                       やってみなきゃ分らない
設備がない                                                       代わりの物で何とかできるかも
これ以上良くなる訳がない                           もう一回やって見よう
出来るはずがない                                           挑戦するぞ
そろそろ家に帰る時間じゃない?               あっという間に日々が過ぎてゆくなぁ!
アイデアが沸いてこない                               別の方法を考えてみよう
誰か他の人にやらせてくれ                           新しい事は喜んで経験するよ
いつも方針がコロコロ変わる                       柔軟に動ける、よい組織だ
ちょっとその変革は過激すぎるよ               まず、変えてみよう
なかなか承認がもらえないから                   私が承認をとってくる!
お客さんは騙されないよ                               お客さんのメリットを提供しよう
我々向きのプロジェクトじゃない               我々こそ、このプロジェクトに適任だ
我々には合わない                                           まず、見てみよう
ポリシーに反する                                           ポリシーの前に、まずビジネス
私の仕事ではない                                           喜んで引き受けましょう
私には出来ません!                                       私なら出来る!

【鉄道ファン必見】JR九州 電池で走る電車、実証試験へ ローカル線の体質改善に期待+(1/2ページ) – MSN産経ニュース

【鉄道ファン必見】JR九州 電池で走る電車、実証試験へ ローカル線の体質改善に期待+(1/2ページ) – MSN産経ニュース
現在のディーゼル車は燃料費がかさむ上に、4年に1度の定期点検で1300万円~1500万円が必要となる。蓄電池電車は、使用エネルギー量を原油 換算で2割削減できる。また、ディーゼル車に比べて部品数が少ないことから点検費用も半分に抑えられ、コストパフォーマンスが高い。
JR九州の全路線(2273キロ)のうち、非電化区間は4割(924キロ)あり、計300両のディーゼル車が走っている。JR九州は、将来的に全てのディーゼル車を蓄電池電車に置き換えることで、大幅なコスト削減を期待している。
蓄電池電車は、電気自動車の4~5倍の容量があるリチウムイオン電池を床下に設置。電化区間で、停車中や惰性走行中に架線から充電し、非電化区間を蓄電池の電力で走る。鉄道総合技術研究所(東京)とともに、既存の817系電車2両を1億4千万円かけて改造した。

売り出し中のドイツの古城、おとぎ話のような生活には巨額の維持費も – WSJ.com

売り出し中のドイツの古城、おとぎ話のような生活には巨額の維持費も – WSJ.com: ここで暮らすうえで最も大きな問題の1つが、山あいに立つ城の目の前まで自動車で行けないことだ。途中で自動車を降り、徒歩で5分間坂を上り、跳ね橋を渡った先に玄関口がある。そのため、食料品から建材に至るまですべての物資を、小型のけん引車かベルトコンベヤーを使用して谷底から城に運搬している。週に1度、長い買い物リストを持って食料品店に出かけるという