月別アーカイブ: 2012年2月

D.ハワード:『コービーとプレーするよりも…』 : Go New York Go!

D.ハワード:『コービーとプレーするよりも…』 : Go New York Go!: 『コービー・ブライアントとプレーするよりも、コービー・ブライアントになりたい』

天才を部下に持つということ–独特のジレンマに向き合う – CNET Japan

天才を部下に持つということ–独特のジレンマに向き合う – CNET Japan: 「天才と一緒に仕事をすること、そして天才を管理することは、まさに21世紀の容赦のない競争環境を生き残ろうとする企業が学ばなくてはならないことだ」

モノより思い出の時代に > Yamazaki Blog | マザーハウス/財布、バッグ販売

モノより思い出の時代に > Yamazaki Blog | マザーハウス/財布、バッグ販売: 時代は、モノに溢れ、モノより思い出の時代です。
でも私はいつも言っているのは、「思い出にはモノが必要」。
モノを買うということには必ず何かの思いがあるはずです。
モノに溢れた時代だからこそ、
思いがあるモノを買いたいという時代になっているそう思っています。

そして溢れているのはモノだけではありません。
情報もあふれている。だからこそ、自分の思いが情報に埋もれないようにするためにも、
自分の思いを思い返してくれる象徴的な何かを手元に置いておきたい、
そんな時代になっている気がします。

モノより思い出の時代でも思い出にはモノが必要。
そんな時に選ばれる商品を作っていきたいと思います。

hon.jp DayWatch – 「自動出版するロボット」「価格を争うロボット」Amazon上でボット戦争始まる

hon.jp DayWatch – 「自動出版するロボット」「価格を争うロボット」Amazon上でボット戦争始まる: 記事によると、自身が執筆した子供向けコンピュータ書「Lauren Ipsum」の価格がある日突然Amazonサイトで下がり始めたとのこと。いろいろ調べたところ、Amazonサイト上に巣食う複数の転売サイトのボット(自動のロボットプログラム)が価格引き下げ合戦を始め、それにAmazon側の価格監視ボットが反応し、連鎖的に作品の価格を引き下げたことが判明したとのこと。

 また、Amazon上にはWikipediaを自動的に書籍化して販売しているロボット出版社グループ(例:VDM Publishing)も存在することが知られている。Buenos氏自身は怒るよりも、むしろ今後増えるであろう「出版するロボット」「価格を争うロボット」同士の戦争はどんなものか、興味津々の様子だ。

親父の麻雀から学んだこと

親父の麻雀から学んだこと: ものごとの枠組みを把握し、何が価値のある行為で何が無意味か冷静に判断をし、衝動をこらえ、良い結果が出るべく行動することの難しさと大事さ。それを理解し、かつ実行できていたことが、親父の麻雀の「強さ」なんだろう。

どの常識の世界で生きるか – Chikirinの日記

どの常識の世界で生きるか – Chikirinの日記: この「異なる常識が存在する世界」に触れることで、自分の常識が変わり、違う世界に進み始める、という経験はすばらしいと思いました。

どの常識の世界で生きるか – Chikirinの日記

どの常識の世界で生きるか – Chikirinの日記: 「いったん身についた常識」は、変わるのに大きなエネルギーが必要だし、人は誰しも「自分の常識」を持っているけれど、実はそれらは「世間の常識」とは必ずしも同じではないのです。最初に書いたように、日本と世界の常識が大きくかけ離れていることもあります。

「どんな常識を身につけるか」、「どんな常識の下で生きるのか」、「どんな常識を持つ場で最初に働くか」は、その人の行く道を大きく左右します。

いったん働き始めた後でも、「どんな常識に出会えるか」が勝負とも言えます。そして少なくとも、「自分の常識」「自分の業界の常識」が、外の世界の常識とどう違うのかについて意識的であることが、とても大事なのだと思います。

慶應MCC通信【てらこや】:プロフェッショナルの働き方

慶應MCC通信【てらこや】:プロフェッショナルの働き方: キャリア研究の世界的権威であるスタンフォード大学のクランボルツ教授の提唱する「計画的偶然性理論」によれば、キャリアの八割は予想外の偶発的な出来事によって決定されるとのこと。つまり、現代のような変化の激しい時代においては、想定外のことがかなりの確率で起こるので、事前の計画どおりものごとが進まないほうが、むしろ自然なのです。
 そう考えると、大事なのは目標を立てて効率的にそこに向かうことではなく、偶然のチャンスを引き寄せる日ごろの働き方や、偶然性を高める人間関係の構築に投資することのほうだといえます。
 同時に、現代社会では誰もが、好む好まないにかかわらず、人生のかなりの部分を仕事に費やさざるを得ないのですから、長期にわたって充実感と働きに見合 う収入を確保しながら、第一線で働くというイメージを持ち続けることも忘れてはならないのです。それは、プロフェッショナルとしての働き方を模索し続ける ことだと言い換えてもいいかもしれません。

信じるところに進む|外資系 戦略コンサルタントの着眼点

信じるところに進む|外資系 戦略コンサルタントの着眼点: 「僕らは正しいと思うことを言い続けようよ。その結果、契約を切られたらそれはそれだよ。本当にクライアントにとってベストだと思うことを追求できなければ、僕らの存在する価値がないし」

もりぞおアジア就活紀行 シンガポール就職活動その3 シンガポールの物価とルールだらけの生活編

もりぞおアジア就活紀行 シンガポール就職活動その3 シンガポールの物価とルールだらけの生活編: また、移民に関する法律も厳しいです。
「我々は、真ん中から上のレベルの労働者が働き、根を下ろすことは推奨しています」と大統領が公言するような国なので、日本人の様な給料が高く、教育水準が高い人たちが働き、根を下ろすことは推奨されています。しかし、途上国の低賃金の人たちに関しては、根を下ろさないように法律が定められています。滞在期間は二年。家族は呼んではならず、女性は半年に一度妊娠検査をさせられ、発覚すれば強制帰国です。