ボンカレー、広告宣伝費6割減でも売上増:日経ビジネスオンライン

レトルトカレーの代名詞、大塚食品の「ボンカレー」のテレビCMと聞いて思い浮かぶのは、松山容子か、ボンカレーゴールドの王貞治か、あるいは松坂慶子か。世代によって答えは変わろうが、いずれにしても有名人を起用したテレビCMを長年放映してきた、マス広告の象徴のような存在だ。発売から48年を数えるロングセラー商品である。

そのボンカレーが2013年に45周年を迎えて以降、テレビCMから撤退している。広告宣伝費を実に6割減らしたが、それでも売り上げは微増で推移しているという。CM撤退はマイナスに作用せず、代わって取り組んだ長尺の動画広告が、ターゲットに据えたワーキングマザー(ワーママ)に訴求した格好だ。

同社製品部レトルト担当プロダクトマネジャーの垣内壮平氏は、「アンケート調査をすると、ボンカレーの認知率は9割を超えている。テレビCMは新商品を広くアピールするには向いているが、15秒や30秒では生活者にとってボンカレーがどういう存在でありたいか、メッセージを伝えることは難しい。そこで今までの広告宣伝スタイルを見直し、PR中心で進めていこうと方向転換を図った」と説明する。

引用元: ボンカレー、広告宣伝費6割減でも売上増:日経ビジネスオンライン.

クラウドに次に必要なものは? — Medium

ほとんどの人が自分で1万台のサーバで同時に計算をさせ、今までできなかったものができると思っていない。ほとんどの人がアプリケーションの書き方をクラウドをより活かせる書き方をすることで今までどうしても出来なかったものでも実現できると思っていない。自分が思うクラウドの本質は、アイデアのある人の能力を引き出す・ITインフラストラクチャ的な制約からある程度開放されることで大きなベネフィットを出すことにあると思う。ここをどうやれば実現できるのか、これはユーザー企業でないと出来ないと思う。これが、悩ましいし楽しい。

引用元: クラウドに次に必要なものは? — Medium.

顔面腫瘍で絶滅危機のタスマニアデビル、この20年で急速に進化か 写真2枚 国際ニュース:AFPBB News

大半の悪性腫瘍とは異なり、この顔面腫瘍は伝染性で、互いのかみつき行為によって拡散していることが間もなく明らかになった。

このデビル顔面腫瘍性疾患(DFTD)を発症した個体は多くの場合、腫瘍の増殖によって餌をとることができなくなり、餓死する。

ストーファー氏は電話会見で「この病気の致死率は100%に近い。タスマニア島全体の95%に広まり、既知の個体群のほぼすべてに感染し、タスマニアデビルの個体数を全体で約80%減少させた」と述べた。

個体数はかつて25万匹を超えるほどだったが、現在野生の状態で残っている個体はわずか数千匹にすぎないと考えられている。

種の絶滅も予測されたタスマニアデビルがいまだに現存しているのはなぜかを解明するため、ストーファー氏らの研究チームは研究に着手し、20年以上にわたって収集された数千に及ぶ組織サンプルの遺伝子データを分析した。

論文の共同執筆者で米アイダホ大学(University of Idaho)のポール・ホーエンローエ(Paul Hohenlohe)氏によると、タスマニアデビルが「著しく急速に進化している」ことをこのデータは示しているという。「この疾患が最初に現れたのが1996年なので、わずか20年間というのは、特に哺乳類にとってはことのほか急速だ」

今回観察された遺伝子の変化が、実際にタスマニアデビルのDFTDに対する抵抗力を高めているかどうかについては、科学者らはまだ確証を得ていない。今回の研究で得られた情報はタスマニアデビルの飼育者らが予防的に作用する遺伝子変異を持つ個体を生産するために利用できる可能性もある。

引用元: 顔面腫瘍で絶滅危機のタスマニアデビル、この20年で急速に進化か 写真2枚 国際ニュース:AFPBB News.

テスラはクルマに「アプリ内課金」を持ち込んだ|WIRED.jp

なにもこうしたやり方は、テスラが発明したわけじゃない。「家電業界は長年、ほとんど同じ製品を、異なる顧客向けに異なる価格で販売してきました」と言うのは、ミシガン大学ロス・スクール・オブ・ビジネスでテクノロジーの商品化を研究するエリック・ゴードンだ。「クリッピング」(crippling)という、「機能を制限する」という意味の専門用語まである。

引用元: テスラはクルマに「アプリ内課金」を持ち込んだ|WIRED.jp.

「スーパー玉出」で毒含むフグをパック詰め販売 従業員のミス、すぐに撤去 – 産経WEST

激安スーパーとして知られる「スーパー玉出」(本社・大阪市西成区)の一部店舗で、毒性のある皮などが付いたままのマフグ(別名・ナメラフグ)がパック詰めされ、一時販売されていたことが29日、分かった。強い毒性のある肝臓や卵巣は納入段階で除去されていたが、大阪市は食品衛生法違反などの可能性があるとして調査を始めた。

同社関係者によると、大阪市北区天神橋の「スーパー玉出天神橋店」で今月下旬、従業員が誤って調理前のマフグをパック詰めし、数匹分を店頭に並べた。従業員がすぐにミスに気付いて撤去したため、購入した客はいなかったという。

買い物客が販売されていたフグの写真をツイッターに掲載し、インターネット上で騒動になった。同社は「お客さまに大変申し訳ない。従業員教育を今後徹底したい」としている。

引用元: 「スーパー玉出」で毒含むフグをパック詰め販売 従業員のミス、すぐに撤去 – 産経WEST.

これは勉強のやり方が分からなくて困っている人のために書いた文章です(増補しました) 読書猿Classic: between / beyond readers

覚えよう

覚えることをバカにする人がいます。

丸暗記なんて意味がないと悪口をいう人もいます。

覚えるなんて、テストでしか意味がない、というのです。

理解することが大事で、覚えることは大事じゃない、という人もいます。

こんなにコンピュータが身近になったのだから、人間が覚えておかなくても構わないのだ、という人までいます。

ちがいます。

覚えることは、勉強のゴールではないけれども、大切な第一歩です。

覚えているだけでは知っているとはいえませんが、知っている人はかならず覚えています。

理解しても覚えてないようでは、理解したつもりになっているだけです。

覚えるとは、何も見なくても、すぐにその知識を使える状態にしておくことです。

新しいことを学ぶには、それまでに学んだことを使わないといけません。

難しいことほど、それまでに学んだことを使いこなさないと理解できません。

「難しいから分からない」という人は、それまでに学んだやさしいことを、覚えていないことが多いのです。

覚えておくと楽できます。

その分を、新しい難しいことを理解するのに回すことができます。

人間の注意力は有限です。一度にたくさんのものに注意を向けることはできません。

限りある注意力をむだづかいせず、うまくつかうには覚えることが必要です。

引用元: これは勉強のやり方が分からなくて困っている人のために書いた文章です(増補しました) 読書猿Classic: between / beyond readers.

「プチ整形」まさか失明 「鼻を高く」未承認剤の注射後:朝日新聞デジタル

注射だけで気軽にできる「プチ整形」の一部で、失明や皮膚の壊死(えし)といった重篤なトラブルが起きている。専門医によると、鼻を高くすることなどに使う充塡(じゅうてん)剤(フィラー)が原因だという。詳しい調査はされておらず、現在も使っているクリニックは少なくない。 近畿地方の大学病院に2014年、体のふらつきと右目の異常を訴える20代の女性が運び込まれた。翌日、目は光を感じなくなり、右眉から鼻にかけて皮膚が壊死した。女性は鼻を高くするため、美容クリニックで鼻の付け根の骨膜付近にフィラーを注射された直後だった。 検査の結果、フィラーが血管に入って周辺の血流を止めたことが原因と判明。女性は約2週間入院し、ステロイド剤を使って炎症を抑える治療を受けた。だが右目の視力は失われ、顔には大きな傷が残った。 女性に使われたフィラーは、歯の主成分と同じハイドロキシアパタイトの微細な粒を含んだジェル状の注入剤。国内では未承認だが、顔の整形で一般的に使われているヒアルロン酸より矯正した形が長持ちしやすいとして、数年前から使われ始めた。

引用元: 「プチ整形」まさか失明 「鼻を高く」未承認剤の注射後:朝日新聞デジタル.

まつひろのガレージライフ: 海外でのビジネスに欠かせないこと

異なった文化圏の人々と協業するというのは容易なことではない。壁はいくつもある。言葉の壁。お互いの価値観の違い。期限を守ることへの感覚も異なれば、お金に対する価値観も違う。業種によっては味覚とか衛生観念の違いなども大きな障壁となりうるだろう。自分の当たり前は決して相手の当たり前ではない。「こんなの常識だろ!」と口から唾を飛ばしてわめいたって、自分の常識が相手の国ではとんでもない非常識かもしれないのだ。

そんな環境で僕が心がけてきたことは一つしかない。

それは「ゴールを明確化する」ということに尽きる。

僕がフィリピンで経営する語学学校ブライチャーでは、ことあるごとに「俺たちは最善、最良の語学学校を創るんだ」とスタッフに言い聞かせている。

あるいはもっと噛み砕いて「最良の学びの場を提供する。考えうる限りもっとも優れたカリキュラムを用意する。最高の講師陣を揃え、常にトレーニングする。勉強しやすい教室を用意する。勉強に集中しやすいよう、整った住環境を用意する。それらを常々進化させていく。」と、手を替え品を替えなんども何度も説明するようにしている。

すると、みんなが真剣に動き出す。他の語学学校ではフィリピン人講師の遅刻や無断欠勤で悩むというが、そうした悩みは僕らにはない。いい加減な奴には居心地の悪い環境が出来上がっているから、そういう奴らは勝手に辞めていってくれる。講師たちから新しいカリキュラムの提案が出てくる。リーダーシップを取れる人が頭角を現してくる。そうしたら後は適材適所で人組みをすればいい。そんないい循環が育ちつつある。

引用元: まつひろのガレージライフ: 海外でのビジネスに欠かせないこと.

ウナギ味ナマズ、販売へ=丑の日の目玉―イオン (時事通信) – Yahoo!ニュース

流通大手のイオンは、絶滅が危惧されるニホンウナギの代替品として近畿大学が開発したナマズの販売を始める。関係者が11日、明らかにした。30日の「土用の丑(うし)の日」の目玉商品として、下旬からナマズのかば焼きを売り出す。

ニホンウナギは近年資源量が減少し、国際的に絶滅が懸念されている。クロマグロの養殖で知られる近大は、かば焼きやうな丼の需要を支えるため、有路昌彦教授が中心となりウナギの代用品となるナマズの開発に着手。ナマズ特有の泥臭さを消すため、水やエサの工夫を重ね、昨年、ウナギ味のナマズの開発に成功した。

近大がこれまでに行ったテスト販売では、消費者から「ウナギと似ている」「また食べたい」など支持する声が多かったという。

ただ、供給量が少ないため、イオンの販売も一部店舗に限定される見込み。近大は今後の拡販に向け、量産態勢を整える方針だ。

引用元: ウナギ味ナマズ、販売へ=丑の日の目玉―イオン (時事通信) – Yahoo!ニュース.

テスラはクルマに「アプリ内課金」を持ち込んだ|WIRED.jp

「Autopilot」(自動運転機能)のために2,500ドルをかけるユーザーは、ひとえにソフトウェアのアップデートのためにお金を払っている。本来であれば費用がかかるカメラやレーダーは、予めすべての車に設置されている。自動運転機能がまだなかったときに購入したアーリーアダプターも、2,500ドルでこの機能を追加できる。こうした方法によって、購入者により多くの選択肢と柔軟性を提供することができるとテスラは言う。購入の段階ではAutopilotをつけなかったが1年後にやはりほしくなった場合でも、クルマごと買い換える必要はない。仕事が変わって通勤距離が伸びた人にとって、9,000ドル払えば一充電走行距離を20パーセント増やせるのは素晴らしいオプションだ。

引用元: テスラはクルマに「アプリ内課金」を持ち込んだ|WIRED.jp.